2008年03月30日

金沢旅行(その1)

先日19日(水)20日(木)と金沢へ1泊旅行に行って来ました。
目的はマイミク(タオさん)に会いに行こう!というもので、
だから他は何も考えず、というか、調べている余裕が無かったのでした。
もったいないですねぇ、折角遠くまで行くのに・・・。


なんで、この花粉の恐ろしい時期に出かけたか、というとピヨの進路について、方向を決めかねていたから...今の学校を進級せずに辞めるのもありだなって考えていて、何か方向が見えればいいなと思ったからでした。

結果は何か軌道修正の余地があるとか、これを心に留め置いて生きよ、という感じでもなく、結局『なるようにしかならないのだ』というのが実感でした。(この解釈合ってます?)



いつも遠出は強行で疲れてしまうので、今回は朝も自宅を7時頃に出て、余裕をもっての出発です。
上越新幹線新幹線を長岡で乗り換え急行北越電車で金沢へ。
(ほんとは越後湯沢乗り換えにしたかったんだけどね..あと30分も乗れば実家に帰省、爺ちゃん婆ちゃんも大喜びだったでしょうに。)

熊野に行ってから、ちょっと駅弁が楽しみで東京駅でお弁当を買ってルンルンるんるんでしたが、今回の弁当は×美味しくなかった。ふらふら
(×だったものの写真は出せないよネ・・)

長岡から在来線で北越に乗り換えた後、しばらくするとピヨの頭痛がはじまりました。
やっぱり何か土地の持っているものを感じるらしく、行きも帰りも気がつけば同じような範囲で痛くなっているのでした。
北越は柏崎、直江津、糸魚川と海岸線付近を走る場所がありますが、岬?の先端に海に向かって鳥居が建っているところがあって、
「あそこはきっと神様がいるよ、光ってたもん・・」そうな。
漁師の皆さんを守っているんだね。


さて、天気予報は雨模様、でも、マイミクさんに会うまでは傘の必要もなくラッキーでした。
金沢の駅に着くと空が霞んでいるというか、自分達の目がおかしいの?黄砂?何?空気に色がついていて驚きつつ、タクシー乗り場へ。
駅前はバスターミナルやタクシー乗り場など整備されてウロウロせずに済みました。

ホテルは駅から少し離れた繁華街のど真ん中にある、ホテルエクセルホテル東急にしました。
(パックの中で選ぶのですが、チェック・アウト12時で、場所便利そうだったので・・)
なかなか、サービスの良いホテルでかなり満足グッド(上向き矢印)
(難は、夜がエアコンを切っても暑すぎで良く眠れなかった。)

荷物を置いていざ出発。迷子にならずに行けましたよ〜。
3時間ほどお邪魔していろいろ親切にしていただきました。
(その節はありがとうございました。)

夕方雨も降り出して、あまり街をウロウロするわけにも行かず、
そこら辺りで夕飯をとりホテルへ。
これが失敗だった。マイミクさんに教えて頂いたところへ行ってみたんだけれど、煙草の煙が結構きつくて...ちょっと今っぽい所に行ったんです。(跡で見たらガイドにその一角が乗ってた。)
でも、同じだった...天井が高いだけマシというか、味もイマイチ(>_<)失敗!

他には何所にも行けず、一日目は終了です。(まあ、着いたのが14時だから仕方ないけどね。)
次回は絶対温泉いい気分(温泉)に行くぞ〜〜〜。


《感想》
金沢は古いものと新しいものが融合したような所でした。
駅前は広い道路と近代的な感じのつくり、でも繁華街への道には古い建物も沢山あり、街全体はとても落ち着いた感じがして、素敵な所でした。
何となくですが、時間がゆったり流れているように錯覚するというのかな、広い道路と狭い路地、ビルと武家屋敷などなど、正反対のものがあることが、時間の幅みたいなものを感じさせてくれるのかな・・・。
(また、行ってみたいなぁ〜黒ハート

ちょっと残念!は、たまたま入った所がそうだったのか知らないけれど、
お茶や食事をするところの分煙がきちんとされていないのには、ビックリ!!でした。

マイミクさんは想像していた感じの通り、静かで穏やかな方でした。
(実は私の知り合い二人を足して2で割ったような感じで、似てるなぁ〜なんて思いながらお話していました)
                    猫 さて、仕事行くぞ!
posted by ペロC at 08:41| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120536734

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。