2007年05月08日

お見舞い

連休に帰省したのは、年寄りが待っているから、だけじゃなかったんです。
叔父が癌で入院したと聞いていたので、お見舞いに行かなくてはと思ったのです。

幸い外泊許可を貰って自宅に帰っていました。
ピヨは叔父に会ったとき、もしオーラが真っ黒だったらどうしようと心配していました。

手術はせず抗がん剤と放射線治療ということで、半年近く入院し一通りの治療を終了して、経過観察の状態でした。

会って見ると叔父は癌患者とは思えないほどふくよかで、髪の毛も随分生えて来ていて、顔色もよく安心すると同時に驚きました。

オーラは少しくすんでいたものの、真っ黒ではなかったそうで、叔父の守護霊さんも大丈夫!と伝えてきたそうです。

叔父の癌は癌の中でもたちが悪く転移の可能性の高い小細胞肺癌です。

信心深い叔父はある神様にお願いに行くと、「治してやる」と言われたそうです。
そしてピヨの会話した守護霊さんの言葉。

元気そうな叔父を見ると奇跡は起こるものだと、なぜか信じてしまいます。
                    猫 元気でね
タグ:霊感
posted by ペロC at 16:50| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
叔父さんはまだ大丈夫ってことですね!
去年、私の叔父(母方)も肝臓を悪くして
急に逝ってしまったのですが、あちらでは叔父の両親、姉(私の母)、妹がいるから会えたのかなあ、
なんて思ったりして、、、。
病院にお見舞いに行ってたら、ピヨちゃんいろんなもの見えちゃったかも?
Posted by クロちゃん at 2007年05月08日 19:42
*クロちゃん、こんばんは。
>叔父さんはまだ大丈夫ってことですね!
たぶん...です。
アチラで会えるのかどうか、できれば全く無になりたいですけれどね。(^_^;)
お見舞い病院じゃなくて良かったです、はい。


Posted by ペロC at 2007年05月08日 22:17
そうですか-。小細胞癌は肺がんの中でも確かに増殖が速く、転移しやすく、あまり手術の適応にならないことが多いようですね。比較的、抗がん剤が効果的なこともあるし・・・。昨年の今頃、食道がんの手術を父がしたことが思い出されます。一年は早くてあわただしいですね。手術だけが有効ではないですし、進行度や年齢によっては、手術の方が、寿命が短くなることもあると思います。
叔父さんの病状、少しでも良い状態が続きますように。
ピヨちゃんのパワーも、きっとすごく効いていると思いますよ。
Posted by Ton at 2007年05月09日 23:24
*Tonちゃん
叔父の元気な様子もビックリでしたが、それより何より息子と弟に呆れてしまいました。
だって、肺がん患者の前でタバコ吸いますか?!
もう信じられない光景でした。
今度やったら私がどなりましょう!!
この癌は脳に転移するケースが多いらしく、これから予防治療をあじめるかどうか・・・。
Posted by ペロC at 2007年05月11日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41165568

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。