2007年05月16日

一ヶ月たって

学校の霊環境は少し変わってきたようです。
どなたかのコメントにも書いたように、教室にやって来るようになったそうで。

ある教科の授業で、その日はあまり暑かったため、先生が涼しくしてあげると有名な「(ピヨの)学校の怪談」を話し始めたのです。(余計な事をむかっ(怒り)

その話をする前に「皆の中で幽霊を見ることがある人ー手(パー)」と呼びかけがあり、その日熱が出ていて意識がぼーっとしていたピヨは、スルスルと手を上げてしまったそうです。
がく〜(落胆した顔)はっと我に返って誰も手を上げていない事に気付き、さっとおろすと、
先生は「今、誰かいたな。」とクラスを見回したそうです。
その場はひたすら知らんふりをして逃れ、先生は名簿を見ながらもそれ以上の話にならなかったそうです。(ふらふらヤバイ!皆に知られなかったか不安!だそうで。)


昔学校の近くに踏切があって、そこで事故があったらしい。
そのとき亡くなった方の身体が血まみれのまま出るといった内容だそうで、そんな話を知らなかったのはピヨだけでした。
(地元ではないし、知ってる生徒さんもいないので。)
その話の中で学校に霊感のある先生がいるということがわかり、授業終了後にコンタクトをとったそうです。
そうしたら、もっと凄い先生がいるんだという事が解ったらしいです。(まだ、お目にかかれません。)

この授業のある少し前からでしょうか..。

事前の学校見学ではほとんどお目にかからなかった霊さんですが、入学後に、この場所は苦手というところが一箇所見つかり、その後で絶対にダメという場所がもう一箇所見つかったのでした。

それから少しずつ、「やっぱりいるんだたらーっ(汗)」という程度。
あるとき制服を着た少女がいたり、子供がいたり、学校の周りには自然霊が多くなったり・・・どんどん増えてきて。

先日コメントに書いたようなことがありました。
教室内に7体ほど、血まみれの手や身体、生首、隣の席の男子の後ろには女の子、ピヨの肩に一体しがみついていたそうで、授業中に塩も数珠も出せませんから、手で剥がして投げたそうです。
隣の男子の体調は最悪になり、一時間保健室で休憩。
(その男子をどう守るか思案中。その子の後ろに空き席が一つ、週に数回来る留学生の為の席です。普段は空いているので、そこに一体やって来ると、その男子は体調がバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)と堕ちていくそうです。)

ピヨも少しは強くなりましたが、「疲れたぁ〜」と帰ってきます。
(それでも、前の学校ほどではなさそうですが。)

武者も校舎を歩いているそうですが、その霊は嫌な感じはないそうです。(そこに居る霊なのかもって・・)
昨日はピヨの脇に一体うずくまっている霊がいたそうで、その霊は何か事情を抱えているようだったので、放っておいたそうです。
授業が忙しくて、話を聞いてやる余裕がなかったそうです。
でも、悪さをする感じではなかったとか。

昨日ぽろっと「やっぱり自分が行くところに集まってくるの?」なんてこぼしていました。

それ以外は学校生活楽しいようで、良かったわーい(嬉しい顔)
ただ、昨日もどこか宙をボーッと見ていたのか、友達に何を見てるのかと突然声を掛けられ、焦ってしどろもどろに返事をしたとか。
一番仲良しさんだけに話そうかどうか、迷っていました。
やっぱり嫌われやしないかと不安なんですね。

いよいよ来週から始めての中間テスト。
風邪やはしかも流行ってるから、体調管理要注意です!
                    猫 今日は何事もありません様に!
posted by ペロC at 10:18| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
相変わらず、苦労が絶えませんね、、、。
でも仲の良いお友達ができてなによりです。
学校にも慣れてきたのかな?
Posted by クロちゃん at 2007年05月16日 11:41
>どこか宙をボーッと見ていたのか、友達に何を見てるのかと突然声を掛けられ

同じことアクアもあったそうです。^^;

昨夜PTAの役員会に行ったんですが、3年生がもうすぐ沖縄に修学旅行って話を聞いて、あ〜あと2年したらアクアも行くのかって思ったら、と〜っても不安になりました。
こちらの中学では霊感持ちの先生は居ないってアクアが言ってますので、昨年の広島で同行の先生が助けて下さったって言うような事は中学校では期待できないみたいです・・・
Posted by sonae at 2007年05月17日 07:52
*クロちゃん
あ〜、私はどうやって育てたらいいのでしょうねぇ〜〜〜。(T_T)
一人でも仲良しさんができて、クラスの雰囲気は悪くないし、担任もまあOKだし。
でも体力が無い..勉強は大変だよね。
♪テストは続くよ〜どこまでも〜〜♪
レールから、いつ脱線するか・・・(>_<)


*sonaeさん
グログ読見逃げでごめんなさいね。
それが全てではないでしょうが、娘と同じと思うことも書かれていて、何とも・・・(^_^;)
沖縄の件は、娘の場合は第六感がどんどん開いていく途中だったし、過去世の因縁の男のこともあり(多分そのせいで事故にあったのかも)、普通に霊感がある人よりも、激しい状況があったのかもしれません。
アクアさんは家の娘より第六感の経験が多い状態で行くのですから、娘よりはひどい状況にはならないかもしれませんよ。
でも、学校の先生には話をして、アクアさんが拒否した場所は絶対に無理強いしないでとお願いしたいですね。
その前に娘は事前学習も参加できない状態でしたから、アクアさんはどのようになるか、見極めてそのことも含め先生にお話できたらいいですね。

もうすぐ中間テストですね。娘は始めての経験で、心臓バクバク。なのに体調最悪で...。
人ごとではなく、本当に少しでも良い状態で学校へ行けることを祈っています。

※ミクシィの方に、オーラの件でお尋ねしたい事を書いてあるので、良かったら見ていただいて、アクアさんはどのように対策しているか教えて頂けると嬉しいです。
Posted by ペロC at 2007年05月17日 08:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41950019

この記事へのトラックバック


Excerpt: 学校の怪談学校の怪談(がっこうのかいだん)とは、夜の学校の静けさがかもしだす独特の雰囲気や戦後の高度経済成長によって学校建設が必要になり、学校が建てられるにあたって墓地が壊されたり移動されたりした経緯..
Weblog: 子供の遊び・文学いろいろ
Tracked: 2007-09-30 13:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。