2007年05月19日

もしや

ピヨの学校生活はまあまあなのにと書きましたが、昨日帰ってくるなり、
「○○町(学校のある町)は何か凄いね、自然霊も多いけど町中ウヨウヨしているわバッド(下向き矢印)
「おかしいんだよねぇ、学校決める前は全然OKだったのにさ・・・やっぱり、呼んでる?ちゃうちゃう集まってくる?!」
とのこと。

もしかして、二人で呼んでるかも・・・。

隣の席の男の子(昼間寝てばかりだから、そうだなアニメの結界師にちなんで『ヨッシー』と名づけよう)、とっても怪しくなってきたとか。

先日来様子がおかしいヨッシーですが、もう少しで確信に近づけるか!

世界史の授業で第一次世界大戦の話に入り、とてつもなく体調が悪くなるピヨです。
授業中に集まって来る来る。もう耐えられんと机に突っ伏すと、
隣のヨッシーがアイコンタクトをし後方を指差して一言、
「アレだろっ?」

「オイッ!!がく〜(落胆した顔)オマエ何を言い出すんだ。あせあせ(飛び散る汗)」と焦るピヨはどう答えるべきか迷い、何とな〜くコクリと小さくうなずいたらしい。

そんな事があって、また数日後のこと。ヨッシーがいきなり大きな声で、
「ったく!いいかげんにしろよっ!!むかっ(怒り)
というので、ビックリしていると今度は壁に向かって、
ひらめきそうか、話すしかないな!」
と言って小声でなにやらブツブツ言い出し、見ればその方向の壁に確かに一体確認。
やっぱりヤツは見えているのかも・・・と思ったそうです。

しかし、今一度決定的なことがあるまで、カミングアウトは待ってみると言っていました。


そんな状況の世界史の授業です。まあ頭に入るどころか、できれば関わりたくないようで、そんな気持がつい口に出てしまったらしく・・・。

見るからに具合の悪いピヨに友達のKちゃんが
「大丈夫?・・って感じじゃないねぇ、少し休んだ方が・・」
とかけてくれた声に、
ちっ(怒った顔)第一次世界大戦のせいだ!!●X▲☐・・」と言ってしまうと、
Kちゃん返答に困り、
「あのさ、第一次世界大戦のせいじゃないと思うけどなぁ・・」
とチンプンたらーっ(汗)カンプン困惑の表情だったらしい。
「しまったよ、ますます変なヤツって思われてひかれたらど〜しよう〜〜、今度から言葉に気をつけなくちゃぁ。ふらふら
きっと知らないうちにブツブツ変なこと言っているのかもと心配していました。

やっぱり霊感女と男で呼んじゃっているのかねぇ...。
でもさ、ヨッシーも仲間なら心強いじゃん!
霊のこと話せる友達ができたらいいじゃないの。
                 猫 やっぱり大きい学校だからかな・・

余談:「ヨッシーを校舎のどこかに連れ出して、聞いてみたら?」というと、
「そんなことしたら周りに変な誤解を受けるよ〜。」ですと。確かにそうかもね。わーい(嬉しい顔)
posted by ペロC at 20:20| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお!これはもしや?そうなんじゃないですか?
霊感が強いもの同士、言葉で交わさなくても
わかるってことはないのか、、な?
Posted by クロちゃん at 2007年05月23日 22:48
*クロちゃん
「たぶん、ヤツは見えている」と確信がもてることが昨日もあったそうです。
でも、聞いたらとぼけられそうなので聞かないと言っていました。
彼も『祓う』はできないようです。(^_^;)
Posted by ペロC at 2007年05月24日 05:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。