2007年01月09日

お引越ししましょうよ

我が家によくお出ましになる生首さんが二人。
一人は家に寄ったり寄らなかったり...で、
もう一人がどうやら放浪の果てに我が家を住処と決めたらしく、いつも同じところにいるそうです。

ピヨはかなり苦手なタイプらしいです。

どうしたらお引越ししてくれるでしょうねぇ。


ちなみにお顔は結構悲惨な状態だそうで、洗面台の鏡の中を住処に決めたようです。
上がって下さい。そうすれば綺麗になれます、楽になれます。
とお祈りしてもダメだそうです。

ペロCには全く見えない感じない、なので、いろいろ試してみようと思います。
だって、大切な娘を守らなくてはいけませんから。
霊さんにも早く成仏して楽になってもらいたいですもの。
             猫 モモちゃん、天国につれてってくれないかなぁ
posted by ペロC at 14:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

一発隠し芸

ペロC
「ほら、卒業謝恩会なんかでさ。
 もうこの際みんなが何を思おうといいじゃない。
 ユリ・ゲラコって名前で、一発隠し芸どう?
 レストランスプーン、バンバン曲げてポイポイなんてどう?」

ピヨ
「その、ゲラコっていう名前、超、最悪」

なんて冗談が出るほど分厚いフォークを曲げていました。たらーっ(汗)
いったい、どうしちゃったんでしょうね。
                   猫 小さな巨人ですか?


posted by ペロC at 22:51| 東京 🌀| Comment(0) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

初詣

元旦に山登りって程ではありませんが、かなり(良い)運動してきました。
ご来光晴れを拝む予定で友達に色々情報をもらいましたのに、
ピヨは大晦日の夜も突然激頭痛に襲われ、うずくまって紅白を観ている状態だったので、諦めることにしました。
(大晦日でも容赦がありません。(;-_-) =3 )


マイミクももさんのアドバイスで、先ずは氏神様の日吉神社にご挨拶。
普段神主さんをお見かけしないのに、さすがにお正月、オオーッ巫女さんもいたよ。
ももさんのお陰で、巫女さんのバイトができるかも?!ということがわかりピヨは喜んでいました。v(^_^)v

こちら只今工事中で御祭神はプレハブにお引越し。
一目拝見とプレハブを覗くと神主さん?らしい方がもの凄いオーラをまとっていらしたとか・・・。

その後、すぐ隣の大日堂へ。
コチラの神様とは以前お話し、その場でお言葉を紙に書き留めたことがありました。
今回もしっかりお言葉をいただけたそうですが・・、う〜んあまり喜んでいられないような...。


そして、いざ高尾山へ。

どうしても登ると言ったピヨですが、かなり呼吸が苦しそう。やっぱり病気は進行しているのかなぁ...。
上り始めて少しすると、
「小天狗さんがメッセージを伝えに来てくれた。大天狗さんが上で待ってるって。手(チョキ)

2時間近くかかってやっと到着。
大天狗さんにご挨拶をして、薬王院へ。
コチラも以前から、毎回お話を頂けるのです。

今回の目的は頂上まで行くことでしたので、次の飯縄権現堂へ。
左にある福徳稲荷のお狐さまに挨拶をして、いよいよここからが初めて歩く道のりです。
頂上までは20分位だそうですが、ピヨはもうヨレヨレでおまけに足首が痛いと言い、自分の体力の無さにがっかりしていました。
ところが、少しすると階段をスタスタと駆け上がって行くのです。
どうしたのかと聞けば、
「呼ばれているんだよ。どこの神様かわからないけれど・・」

そこは、奥の院不動堂がありました。
何度も高尾山に来ても、コチラまで参ることは無かったので、待っていて下さったそうです。
どのくらいでしょう、長い間お話しているので筆記具を渡した方が良いかと思うほどでした。
その裏手に在る浅間社でも初めてご挨拶をさせて頂きました。


そして、いよいよ頂上へ。(」°ロ°)」オー、イイナガメ!!
見晴台のようになっていて大きく富士山を望む事が出来る場所でした。かわいい
富士山は薄っすらと姿を見せていましたが、きっと早朝の景色はさぞ素晴らしかったでしょう。

帰りはつり橋を渡るコースを歩いて帰りました。
途中、ぴかぴか(新しい)神様が二人付いて下さったと大喜び。
すると、少し怪しいもの(霊)が近付いてきても、跳ね返してくれるそうです。(まさにパンチ強力なバリアが張られた状態。)
下山するまで一緒にいて下さったらしく、
「あ〜お願いです、どうかこのままずっと一緒にいて下さ〜い!」
とお願いしたいくらいだったそうです。
(しばらくは一緒だったのかな・・。)

結局半日以上高尾山にいました。(^_^;)

で、結局どちらの神様からも言われた事
☆今年も霊感はなくならず、まだこれから新たな試練がある、とのこと。
!?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工?!
まだ、続きますかぁ...何の為にィ...おせーて下さい、
と言っちゃいますよぉー。


実は元旦の朝から色んなものは見えまくり。
その時点で「が〜〜〜ん!(ノ_-;)ハア…」とため息の一年がスタートしたのでした。

ちなみにピヨは初夢で既にモバQ霊と戦っていたのでしたぁ...Σ(T▽T;) ガーン!!

るんるんピヨまだ、十四 だ〜から〜〜るんるん 
新年早々ヘトヘトですよォ〜だからお手柔らかに、お願いしますョォォ〜〜〜ね。
                 猫 モモちゃん、もう生まれ変わった?
posted by ペロC at 21:18| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

返事のしようがありません

少し前に、不登校経験のあるAちゃんのお母さんから電話があったんです。

「最近頻繁にこんなことがあるんです。
ぼーっとTVを見ていると、突然目の前に天井から金色の光の帯が降りてくるんです。
そしてその中に自分の上半身が浮いているんです。
そのときとっても心地よくて...気が付いた瞬間、私もうすぐ死ぬ?ってことが頭をふっとよぎるんです。何の意味があるのか、ちょっと不安で。」

と、それからAちゃんのオーラが最近小さく見えるけど問題があるのかと。
もしピヨが何か感じるなら教えて欲しいと、申し訳なさそうに言ってきました。
Aちゃんはとても繊細なお子さんなのでお母さんの心配は良く解りました。

この方も少し霊感のある方ですが、オーラの色とかはわからないそうです。

「たぶん、何も解らないと思うけど話しておくね。」と電話を切り、それから数日後に、解らないとはっきり言うためにも会おうということになりました。

お母さんの方は、前に守護霊さんからのメッセージを伝えていて、その後に起こった困難を何とか乗り越えることができたそうで、ピヨのメセンジャーとしての役割で助けられたと思っているのです。
そんなことがあるから、なおさらのこと。

でも、今回は「今はまだお伝えする時期ではありません。」としか言って頂けなったようで、だからこそ心配の無いようにと伝えました。

自分から何かを要求する事などないAちゃんが、自分のオーラの色が知りたいというので、『今日の色』ということで7層の色を描いてあげました。
すると、「守護霊さんはどんな人なの?」と言うので、
「ちょっとまってね。」と返事をするなり、口述筆記のような状態です。
メモに3枚書かせられました。

悪い事は書かれていなかったようで、ほっとしていましたが、二人が帰るなり、
「守護霊さんは機会があったら、とにかく話したかった(伝えたかった)のか、どんどん伝えてきて書かされている状態だった。」

と、こんなことがありました。


今日、Aちゃんのお母さんから電話があって、

「Aちゃんが、あれからますます頑張っているの。
別室登校の部屋の中も生徒の数が増えて、ザワザワと落ち着かなくなったり、教師の嫌な態度を見たりしても、自分で前向きにコントロールして、進学を目指しているよ。」 と。

ピヨのことも心配してくれています。
もし、この霊感がなくならなかったら、そんな勉強もするようかも、と冗談で笑っていたら、

「私達、親子のような問題を抱えて生きている者にとっては、とっても勇気がもらえるんだよ。
ピヨちゃんは人の守護霊さんとコンタクトを取ったりすることは、とても大変なんだろうと思うけれど、本当に嬉しかった。」

と言ってくれました。

中途半端なピヨが本当はそんなことをしてはいけないと思うのだけれど、Aちゃんの9年間を知っているから、ピヨの霊感がほんの少しでも役にたって良かったと思いました。
                    猫 Aちゃん、好きな事に突っ走れ!!
posted by ペロC at 22:09| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

いつもいっしょに

楽器屋さんでのんびりしすぎ、帰ったら夕方になってしまいました。
簡単に夕食を済ませ、ダラダラ、テレビを見ていると、

「おかあさん、今、家にぴかぴか(新しい)神様がいらっしゃる。
 二人。
 一人は私の傍に寄り添ってくれているの。
 女の神様なんだけど・・
 どこかでお会いしていると思うんだけれど・・
 思い出せない...。」

とっても優しい神様。
一人の方は、姿が見えなくなったそうですが、寄り添っていて下さった神様は、
寝るときまで一緒にいて下さったようです。

お蔭様で、昨夜はぐっすりと眠れたようです。
                 猫 どうか毎日いっしょにいてやって下さい
posted by ペロC at 08:58| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

素晴らしい環境

今日出かけていった学校は、前に一度見学に行ったところ。
そして、「あんな素晴らしい環境は見たことが無い」とピヨが言ったところ。
霊がいても、見ただけで、少し祈るだけで上がってくれる。
隣町は寺町?と思うほどお寺だらけなのだから、た〜くさんアチラの方がいてもおかしくないのに。

この学校へは電車で1時間半弱かかります。
最近頭痛がひどいピヨは出来ていたはずのヒーリングがこのところ上手くいきません。
駅を通過するたびに、
「ここどこ?頭がいたい。」「ココもダメだねェ、おわき腹が痛い。」
と言います。いろんな痛みを追体験するのか、沢山寄って来るせいなのか・・。
ダメもとでも、「できる」と信じて自分で治してごらんと、何度も試していると、
「あ、今、誰か他の人が力を貸してくれている。3人で治した様な感じがする。守護霊さんかな...」
そんなことを言いながら、学校にむかいました。


校内見学も一度やっていましたが、環境が変わっていないかもう一度回ってみました。
前回少しだけ気になっていたところの方(霊)もいなくなっていたそうです。
どうして?
見ているだけで7名の方が上がって行ったそうです。
どうして?
身体が信じられないほど楽だそうです。かわいい

最初の体育館を見せて頂いたとき、
ぴかぴか(新しい)男の神様がいらっしゃる...」
3番目の体育館を見せて頂くと、
ぴかぴか(新しい)女の神様がいらっしゃる、それも、とても親しみやすい優しい神様。
 微笑んで下さったので、お辞儀をして手を振った。
 お話したかったけれど、皆に置いていかれたら困るので諦めたよ。
 もし、この学校に来たら、毎日神様と話ができるかな・・。
 もしかして、この二人の神様が、この学校を浄化しているかも?」

そんな、素晴らしいところなの?
ここならお守りグッズを色々身に付けていなくても大丈夫かもしれない、
と言われれば、出来れば通わせてあげたいかなぁと思ってしまいます。

帰りに不動産屋さんに行ってお部屋を借りたらいくら位かかるか見てきました。
3年間、相方さんを家において、アパート住まいをしてもいいかな、なんてね。(我が家の経済破綻、必至ですなぁ)
                  猫 あ〜お財布も木枯らしがふきそう

posted by ペロC at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんか気になる

月曜と土曜はピヨがTVを見る日。(見たい番組がある)
そんなわけで、チト早くからTVをつけっぱなしにしていると、
NHK杯女子のフィギアスケートの番組をやっていました。

我が家は村主さんが好きなのですが、何気なくボーッと見ていると、
Nさんのとき、
「この人なんか気になるんだよね。
 この人の周りに黒いものが一人なのか二人なのか・・・
 とにかく傍にいるんだよ。周りを囲むように・・
 離れろ!!って言っても無駄なんだよね、
 コレ、既に試合は終わっているんだものね。」

中盤を過ぎた頃に
「あ、今一人(黒いもの)離れた...。」

ほとんど演技が終わりに近くなった頃、
「もう一人もいなくなった。ひどいよね、
 多分、邪魔するものじゃないかと思う。」

ホントかどうか不明です。でも、ピヨにはそんな風に見えるらしい。
不思議な話ですが、以前こんな事もありましたから...。

さて、今日はこれから学校見学。
ピヨが驚くほどの環境といった学校。
何が?って、霊環境です。
少し祈っただけで、ぴかぴか(新しい)スーッと上がって行くそうです。
もう一度行って環境が変わっていないか確かめてきます。
                    猫 さあさあ、ファイトー
posted by ペロC at 07:17| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

認めること

あっという間の一日でした。
段取りよく話すつもりが、ダラダラになってしまいました。ふらふら
ピヨはずーーーーっと話していたかったようです。
(お人柄もあると思いました。)

それより、お身体大丈夫だったでしょうかぁ・・これが一番心配。
土地から湧いて出ているものをた〜くさんお持ち帰り頂いたでしょうから。
おまけに、次の予定の場所に着いたのも、きっと日が落ちた頃でしょうから、それも心配ですぅ。
そして、そして、何しろ寒かったので風邪も引いていないかと...。

あ〜、何か羽織れるものを渡せばよかったぁ、と後悔です。


「認めよ」と言っています。
と言われましたが、きっとピヨが受け入れたときからが、本当の修行なんだろうなぁと思います。

う〜ん、そんな子供を育てる親はどうしたらよいのでしょう...。


霊能者っていっても、いろいろなタイプがいらっしゃる。
能力を持った自分の存在意味は何であるかということにより、分かれていくこともあるのでしょうね。
いずれ自分の魂の向上の為に選んだ生き方だとしても、
何のための能力なのか不明のまま、
好き勝手言って人を傷つけていく人もいれば、
黙って話を聞きながらも癒していく人もいる。

ピヨはどうなっていくのでしょう。

起こってくる事柄も大変だけど、先の不明さによる混沌の中で、
意味を見つけていくことはもっと大変ですよね。


今までは学校でも少しはオープンにして来ましたが、これからはたぶん出来ない、このことはひたすら伏せていくしかないって言ってました。
何でかなぁ〜、私には解らない世界ですけど...現実にはまだまだ認められていないそうですから。


体調が悪いまま朝から会場模試に行きました。
                    猫 100%力を出し切れたかな
posted by ペロC at 10:32| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

体育館のパワー

「母さんオーラがひどすぎる...」
昨日も学校から帰り一息ついてボソリ...2・3日前にも何となくこぼしてたっけ。
「全段階と思っていたオーラの見え方がパワーアップした?」

授業中の黒板の字が全然見えないらしい。
後ろの席にいて前にいる子たちのオーラが眩しいというのはあったけど、
先生のチョークを持つ手も眩しくて、書かれている字が見えにくいとなると、そんな状態で他の学校に移って大丈夫なのかと不安になる。

ビデオ学習の時はもっとひどいとか。
ライトを消して暗くしようものなら、皆のオーラで画面の映像は白っちゃけ何を映しているのかほとんどわからないそうだ。

「自分も含め体調で発し方も変わるのかもよ」、なんて気休めしか言えない。
「昨日は公開授業研究会でお客さんが沢山いたからかも?」なんてね。

困った体質になったものだ...。


そんな特別行事があり、土・日と学校があったのだが、2日目の最後は必ず合唱になる。
生徒も父兄もお客さんも全員が体育館に集まり皆で歌を歌って閉めるらしい。(一回もそれには参加していないの、(^_^; )

そこで、体調を乱すピヨでした。
耳元で霊の叫び声のようなものが聞こえたと思うと、どうにもならないパワーが身体を巡り、この際暗闇の中、誰もクラスの子は気付かないだろうと、とっさにカバンの中からスプーン(パワーのコントロール用に持たせている。)を取り出して、なでなでしたそうです。

なでなで、フリフリ(柄を持って)これを繰り返していてとうとうスプーンを真っ二つにしてしまったとカバンから出してきました。

「母さんやっぱり体育館はヤバイよ..それに、自分の身体に変な力を感じた時は、やっぱり凄いパワーが出るのかな...。」
常時ではないから、何かのタイミングがあるだろうと思う。
昨日は帰ってくると同時にこんなことも言っていた。
「やたら宇宙が恋しくて、行きたくて仕方がない、変な気持になるんだよ。」
って、┐(-。ー;)┌ヤレヤレ・・・宇宙飛行士にでもなるか?ε-(ーдー)ハァ、ムリムリ。


もう少し分厚い新しいスプーンをあげました。
学校にいる時パワーコントロールする為に叫んだり叩いたりできないものねぇ。

シバさんが見えるまであと少し...ピヨはひたすら待っています。
お掃除出来ていないペロCはメチャクチャ焦っています。
                    猫 今日は一日雨かな
posted by ペロC at 06:24| 東京 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

あら?!不思議

昨日久々に友達Sちゃんが学校に来て、楽しいお昼休みを過ごせたピヨです。
お弁当を食べて、トランプで遊ぶことに。

Sちゃん「『バタバタ』しよう!」
Pピヨ 「いいよ〜〜」
S 「一緒に終わりたいからさ、少し戻してやり直す?」

なんて訳のわからない話の後で、場に出ていた数枚のトランプを手に取ると、

アレ?アレレ??
ハートの6、ダイヤの6、スペードの6 がい?

P 「今さ、Sちゃん、手品したでしょ!」
S 「してないよ〜あせあせ(飛び散る汗)、できないよ〜あせあせ(飛び散る汗)

なんでが3枚に1枚?!

S 「チョット、チョット、下に落ちてるとかさ、余分なのが入っていたとかさ。」
P 「あのね、スペードがってことがおかしいよぉ〜 がく〜(落胆した顔)
S 「うん、コワ...怖くない!コレ」

とにかくトランプ全部をもう一度調べようということになり、調べてみると
ちゃんと『6』はハートダイヤスペードクラブあったそうです。

でも、しっかり二人で見たよね、いスペードの6。

「きゃ〜〜コワ〜」と言いながらその部屋を出たそうです。
いったい何がおこったんでしょう...。



 昨晩、チラッとモモちゃんが来たらしい。
でも、悲しそうな顔をして私をじっと見ていたんだって。
ほんの短い時間。
モモはパッと消えてしまったそうです。

もしかして、生まれ変わることになって、もう、家には遊びに来れなくなっちゃうのかな・・・。
                     猫 モモの話す声は男前?なんだって
posted by ペロC at 09:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

塩さん頼んだよ〜

ピヨの霊感のことを書くのは久しぶり?
最近、自分の愚痴を書きまくっていましたから。
その間も途切れることなくいろいろと...書いてどうするって感じかもしれませんけど。

ここ数日非常に良くないんです。見え方も見えるものも聞こえ方も...。
精神的にヤバくなりそうなくらい、大変なようです。
トイレもお風呂も寝るのもまた、元に戻っています。

前に、ネットで知り合った方が沖縄修学旅行を心配して、くださったターコイズとラピスラズリ(?)のブレスが行方不明になっていたんです。もうやだ〜(悲しい顔)
外れて落ちるという感じではなかったので、何かの身代わりにでもなってくれたのかなぁなどと話していました。

そのせいではないのですが、この頃見えるものがひどいらしく、
毎日オバケ屋敷にいるような状態だそうで、おまけに刀でお腹を切る霊もまたやって来ているようで...などなど、折角頭痛を少しコントロールできるようになったのに、『振り出しに戻る』感覚です。

そんな状態で昨日も学校に行きました。
おまけに、中学生ライブがあり、なんと最悪な音楽室にいなければなりませんでした。

「自分達の演奏がぴかぴか(新しい)一番じゃない!」ってくらいライブは上手くいったようでしたが、身体は悲鳴状態だったようで、学校で3回も塩を舐めて体調を整えなくてはいけなかったそうです。(今までで初めて)

帰って来るなり玄関先で呼ぶので何かと思えば、塩を背中に降ってくれというのです。(これも始めてかも・・)
憑いてはいないと思うけどとにかく体調が悪いと。

不思議なこともあったんです。
ブレスを一本無くした経緯があるので、全て身についているか(何本も腕につけている(~_~;) )確認して自転車置き場へ向かい、顔馴染みのオバさんと言葉を交わしている時に、上から降ってきたそうです。
オバさんも「今何か落ちてきたよね?」と。
その無くなったブレスと一緒に頂いたオニキスのブレスがかってに手首から外れて上から降ってきたそうです。
信じられないような話ですが、何の意味が在るのでしょう???がく〜(落胆した顔)

そんなことがついさっきあったものだから、なおさらのこと
「塩、ふってぇ〜〜!」
となったようです。

出来る限り準備して、携帯ストラップもお守りに変えました。
身に着けている塩の袋の中に水晶も入れました。
いつものブレスなどなどもつけて...。
朝の仕度がバタバタなピヨですが、「塩だけは持っていかねばっ!」と出て行きました。
                    猫 今日は元気に帰って来いよぉ〜
posted by ペロC at 11:26| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

一歩前進

先日やっと見つけた『脳脊髄液減少症』の診断をしてくれる病院。
(ピヨの頭痛のひどさはもしかしてコレか?と思うようなふしもあったから。)
何十万かかって白だったとしてもいいじゃないか、と思っていた矢先、

「痛みを消す事が出来るようになった」

と言うじゃないですか。あれだけ何をしてもだめだったのに。

激しい頭痛は日に何度もやってくるけど、自分で手を当てて痛みが去るイメージ?のようなことをすると、取れていくようです。
練習でそのスピードがアップしているらしい。

今までこの痛みに1年以上苦しめられたよぉ〜、周りも振り回されたよぉ〜〜。

頭痛は何とかコントロールできるようになったのかなぁ...。
後は他の痛み、刀で切られたり刺されたりするようなそんな痛みも治せるといいね。

最近は小学校の頃に行った事のある『夜の学校』にも、また行けるようになりそう?らしい。

ひらめき『岩塩ランプ』も買ってきて、結構いい具合。
                    猫 走る線の束も消せるといいね
posted by ペロC at 07:14| 東京 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

一人だけど一人じゃない

ピヨさん霊感SWのOFFに失敗したようです。
しっかり元に戻ってしまっています。(やっぱり・・・)

だから、いろんな方がいらっしゃる。
昨日は床から出てこようとした顔を誤って手を突いて床の中に押し込んでしまったようです。

そんなことより、
ピヨは小学校の頃からずっと人間関係に苦労しています。
よく言えば、はて?なんでしょう、悪く言えばいじめです。
やっと親友ができても、その子もいじめのターゲットになって学校に来れなくなります。(小学校も今も)
もう、一人でいることは慣れたとはいえ、やっぱり淋しいんです。(当然です!!)

学校から帰って来るといつも「疲れたぁ〜〜」とドテッと倒れこんでしまうのですが、
今日はもう一言、
「クラスの子には全く無視、いるのも気付いてくれ無い感じ、
 でも、まあまあの日かな、一人だけど一人じゃなかったし。」

はあ?ってことはもしかして・・・。
ニッコリさんと休み時間にでも話し込んでいたのかなぁ...くらいに思って、
「ふ〜ん、そうなんだ。」と返事をすると、

「うん、今日はね、天狗さんがずっと一緒にいてくれたんだよ。
 前にバイオリンの帰りに車に乗って来た天狗さん、同じ人だったよ。」

家まで来てるかなぁと玄関に見に行くピヨです。
(いませんでした。一緒に夕食どうですか?と声を掛けて見ましたが・・)

1時間目の授業が始まると、視線を感じて、その先を見たら窓(3階)のところに天狗さんがいたそうです。
手を振りたかったけれど、周りに気付かれたら変な人扱いされるのがおちなので、頭をコクリと会釈して挨拶です。
その後、一緒にいて話をしてくれたり、学校の中を全部見回ってくれたりしたそうです。

学校の霊的環境はやっぱり良くないそうで、なるべくココにはいない方が良いとの事。

天狗さん、低級霊を追い出してくれていないかなぁ...と期待したいところです。
(さて、明日ピヨが帰って来て変化があったか尋ねてみようっと。)

今日は進学の個人面談もありバスにも乗り遅れたりで、
夕暮れの嫌な気配の中、バスを待っていると、また、天狗さんが来てくれて最寄の駅まで一緒にいてくれたそうです。

姿は見えずとも心強いです。ぴかぴか(新しい)天狗さん、ありがとう!!


そう言えば、音信不通の仙人様と昨日コンタクトが取れそうだったんです。
でも今日はダメだったらしく、何やらいろいろ変化があるのでしょうか・・・。
                 猫 良いものだけをイメージしないとね
posted by ペロC at 23:59| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

何かを感じて−那智の滝・速玉大社−

熊野のまとめはすっかり何処へいったやら、ピヨはそれどころではないようです。
仕方ありませんのでさらっと。

熊野古道で時間を使いすぎた私達、待ち構えていたタクシーの運転手さん、さっさと運んでくれました。わーい(嬉しい顔)


続きを読む
posted by ペロC at 16:45| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

懐かしい人(らしい)

武蔵御岳神社に行ってきました。

10年ほど前に行く途中で引き返してきた神社です。(夕方遅かったので)
今回の目的は少し前に霊感関係サイトをウロウロしていて出会った、この御嶽神社近くの宿坊のご主人に会うことでした。

あるサイトを見てピヨが「懐かしい、この人知ってる」と言い出したのです。
顔をはっきりと確認する事ができない写真だったのですが、知っているというのです。
本当に前世で関わりがあった人か確かめたいのと、もしそうであるなら今の自分(ピヨ)を理解する何かヒントがないだろうか?とそんな気持で行ってきました。


続きを読む
posted by ペロC at 23:00| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

期待しましょう

昨日、今日といい傾向ですよぉ〜〜。(^_^)v
ピヨさん寝て起きたとき、視界良好!だそうです。

線の束、オーラ、霊など全て見えなくなって、声、音などのアチラからの通信は一切無しexclamation×2

ぴかぴか(新しい) やったぁぁぁ〜〜〜〜!!! ぴかぴか(新しい)

昨日は目覚めから30分だけでしたが、今日はどの位かなぁ。
先日見えた半開きの第三の目、これはやっぱり閉じかけていると判断するのが正解かも。グッド(上向き矢印)

朝から上機嫌なピヨと母です。
                    猫 この調子で閉じてくれ〜〜
posted by ペロC at 07:30| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

当たり〜!

宝くじだったら良かったんですけどねぇ。

昨日、学校から帰って来るなり、
「何だか一日何度も『地震』が頭から離れないというか、何度も浮かぶというか、地震が起こるって事なのかなぁ、ちょっと心配なんだけどー・・。」

あんまり気にしない方がいいんじゃない、なんて答えておきましたが、今朝地震がきましたねぇ。

だんだんそんなことも解るようになるのかしらん。
そしたら便利というか、大きな地震になりそうなら教えてくれよ、と言いたいところだけれど、まぐれって事もあるしね。
(あるブログを運営されている方、バッチリ当たっていましたね。スゴッ!!)


日常の中にいつもある???なことだけど、ときどき目当たらし事が起こったりする。
数日前には、洗面所で髪を乾かしていて、急に見えたらしい。がく〜(落胆した顔)
「母さん、やっぱり本当に第三の目があった。普通の目と同じだけれどまだ半分位閉じていた。これから全開するのかなぁ・・・どうなるんだろう。」
と駆け寄ってきたんです。
どうか、閉まっていく途中であります様に!!

昨夜はアチラの方から、はっきりとメッセージがあったそうです。

このところずっと、寝る前には鈴を鳴らして『モバQさん達、出てってね』合図をして、部屋の入り口の取手に鈴をさげ、数珠をさげしているのですが、
昨夜も同様にしていると、「鈴はもうこのくらいでよいでしょう。」と、
数珠をかけようとしたら「掛けてはいけません。」
と、女性の声だったそうです。
言われた通りにすると、部屋にいたアチラの方達が、スーッとその扉を通り抜けて出て行ったそうです。手(チョキ)
         猫 どこのどなたか知りませんが、これからもよろしゅーに
posted by ペロC at 08:32| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

キミたち、何の用?

私には決してわからないことが、にわかに起こっているらしい。

ピヨが言うには、
ここ数日、わたしの周りをモバQウロウロとしているものがいるらしい。
夜お布団に入ると白い妖精さんや小人さんが布団の周りをグルグルと回っていることがあったり、
寝室に入るとサッと小人さん達が私の周りに寄ってきたり、
昨日は昼間外出中に白い玉が背中の近くに浮かんでいたり...。
ってなことがあるらしい。

良いものか悪いものかも解らないんだって。
どっちにしても、全く気にはしないけれど、用があるならピヨを通して伝えてくれ。

そういえばこんな事もあった。
寝室の部屋全体に誰かが結界を張ったって言ってた。
それを消してから自分の結界を張るのがいいのかどうかわからないけど、
それの消し方もわからない。
どうしよう...なんて言うから、
嫌な気配が無いなら良いものとしてとらえてみれば?なんてお気楽な事しか言えないわたしである。

今、閃いたひらめきもしかして、白い小人さん達の仕業かも・・・。


ピヨといえば最近あまり調子が良くない。
やたらと空間がゆがんでいることを伝えてくる。
部屋の中でもある部分に空気のゆがみを感じて、そこに置いてあるものや壁などがクネッとゆがんで見えるらしい。

何か別の世界でも開くのかあせあせ(飛び散る汗)と思うようなおかしな感じらしい。

それが、また、不安にさせているんだろうなぁ・・・。
身体の中の妙な感覚の変な力も発散する事ができず苦しんでいる。
ブレスや数珠をギューっと握ってみたり、スプーンをグニャグニャしたりして力を使うようにしているけれど、都合のよいようには治まってくれないもよう。

                    猫 身体の中も外も不安定、困ったね
posted by ペロC at 05:53| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

何かを感じて −熊野古道−

バタバタと行った、熊野那智ミニ旅行のことを書いていきたいと思うのですが、なかなかピヨも時間が無くまとめる事もできないままなので、
少〜しずつボチボチと、ということにしました。


当日早朝、那智勝浦に到着。お天気は曇り 気温は丁度良い感じ。

数件喫茶店が開いていたので朝食。
駅前のいい気分(温泉)足湯は9月下旬の朝ということもあり、ぬるくてちょっといただけない。(残念)
駅前のキオスクで「目張り寿司」600円を買いました。(これがかわいい結構おいしかった。)

さてさて、いざ出発です。

続きを読む
posted by ペロC at 12:34| 東京 🌁| Comment(15) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

学園祭(番外編)とその後

(あの学校〜、オッ・バ・ケ がっこ〜〜 らしい。(゚д゚;;!ブルブル )

学園祭の日、近所のAちゃんを誘ったみたら、なんと「行きたい」って返事がきました。
他の学校の学園祭は行かないけれど、ピヨはどんな学校で頑張っているのか見てみたいって。
よくよくそこまで回復したねェもうやだ〜(悲しい顔)とおばちゃんは嬉しくなっちゃいましたよ。
イジメ→不登校→別室登校 この間、カウンセリングに数年通い、少しずつ少しずつ、ココロに元気を取り戻して行く努力をしてきました。
自分自身をコントロールすることも、少しできるようになりました。
対人恐怖症のように閉ざして拒否していた世界に一歩踏み出す勇気まで持てる位、回復したってことだね。

当日Aちゃんとお母さんを車に乗せて、学校へ。

同年代の子供が怖いAちゃん、頑張りましたよ、3時間位雑踏の中に居る事が出来ました。
先に帰ったAちゃん達にその後を聞くと、Aちゃん自身は楽しめたし、自信もついたようだとのこと。(ヨカッタ!ヨカッタ!)

ところが、お母さんの方が大変だったらしい。

実は彼女も少し霊感有りの人。どちらかと言えば霊媒体質なのかも。
学校に近くなるにつれて、「ビンビン来るねェ」なんて言ってましたが、
た〜くさん、お連れになって帰ったらしく、体調は崩れる見え方はひどくなるでどうにもならず、行きつけのお寺さんで祓ってもらったとのこと。
「あの環境じゃぁピヨちゃん大変なんてもんじゃないでしょう?!」と。


ハイ!その通りです。
そんな学校に毎日行ってるピヨは、先日ある教師より『ばけたん』(オバケ探知機)を貰ってきました。
たまたま保健のN先生に見せると興味津々(もともとアチラ系の事が好きなんですヮ、この先生)の様子。
ピヨはかなり気になっている(強烈な奴が出入りしているらしい)音楽室だけ試すべく歩いて行くと、付いて来たよがく〜(落胆した顔)N先生。
「学校のどこに反応するか探検しよう!」と校舎めぐりをすることになったそうな。

ピヨのココロは「勘弁してくれー、行きたくないほどの溜まり場があるんだよ〜もうやだ〜(悲しい顔)」、でもN先生楽しそうに校舎を巡って歩いたそうです。

3箇所ほど真っ赤赤の点滅にビービー鳴り出して、偶然かどうかわからないけれど、
コレもしかして当たってるジャン!!って感じだったそうです。
2箇所(体育館1F、小会議室)は溜まり場でSWを入れずともいきなりビカビカビービーだったそうでピヨも先生もビックリ!
木工室ではまさに今居る!と言う時にSWを入れてみたそうです。
しっかり反応したそうで、『ばけたん』いい仕事しているようです。

でも、祓えないんだよなぁ・・・祓ってくれる『ばけたん』があったような、なかったような・・・。

(おまけ話
 体育館に入るや直ぐに反応する『ばけたん』ピヨが焦りまくっていると、
 ニッコリさん発見!
 いつものようにニコニコ手を振っていたそうな。
 この体育館に響くけたたましい音を聞いて
 「何だぁ??」って思わんのかなぁとコチラもビックリだったとか。)

                 猫 明後日からまた休み?!授業料返せ〜!!
posted by ペロC at 06:38| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。