2006年09月21日

警戒厳重

ここ数日、どうなっているのか霊を怖がっている。
どんな格好だとか、あーだ、こーだは言わないのですが、
「ヤバイやつばかりですから...」って。その口のきき方の方がヤバくない?!

それで、寝る前は完全防備っていうのでしょうか、
部屋に入るや否や「天狗さんの鈴(シバさんから頂いた)」をならし、
ドアノブにはシバさんからお借りている数珠をさげ、
(シバさんグッズと呼んでいますが、いろいろ全て持ち歩いて頼りっきり。ホント助けて頂いています。ぴかぴか(新しい)アリガトウゴザイマス)
良く眠れるようにと氷枕を持って、
精神安定用に枕元に携帯電話をおき、
・・・・
なんだかんだ儀式をして、やっと横になるのです。
(仙人さんとは依然コンタクトが取れずふらふら

ここ数日、忙しすぎて身体は疲れている様子。
眠る事はできるようですが、起きれないほど爆睡です。

昨日は帰宅後、部屋に入ると、
「何だか今日は部屋全体の気がいつもと違う。色がついてるって言うか・・」

最近、こんなのが居て怖いということはいちいち言わないけれど、何か様子が今までと違うんです。

依然変わらない激しい頭痛。(こちらは病院で調べても異常なし)もうやだ〜(悲しい顔)
これプラス頻繁におこるめまいってのも加わっていて、コレが原因がわからなくて不安だからかなぁ、不安な気持が無意識に増幅されているのか、
不安に思う気持があまり良くない霊を呼び寄せちゃうのか。
さ〜て、今度は何科にかかったらよいのでしょうね。

学園祭直後にリラックスの為に行くミニ旅行バスも激ハードなんだよね、大丈夫かな・・・。


9月が過ぎたら一息つけるだろうか、ちょっと安息日が必要ですわ。
               猫 救世主あらわる!頼りにしてるよ保健室の先生
posted by ペロC at 09:49| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

雷様が誘ってる?

このところ、まま、静かな夜を過ごせているんです。
向かいの犬にもっと知恵がついたのか、それとも夜は反対側の方に行って寝ているのか、はたまた誰かが強く抗議して家の中にいれているのかわかりませんが、我が家にとっては今までずーっとそうだった当り前の夜が続いています。

この先もずっとこのままでいてくれよっ!!

11日(月)未明、犬の吠え声ではなく雷雷様雷に起こされました。
その晩、ピヨは落ち着かずベットでは眠れずにわたしの隣に横になっていました。
ずっと手を握って、何かを我慢していたのかもしれません。
やっと眠りにつけたかなという頃にゴロゴロと始まったわけです。

いつか大きな雹を降らせた雷以来です。
がく〜(落胆した顔)あの時はどえらく大きな龍とこれまた大きく変化した狐が戦っていたそうです。)
「今回も誰かが戦っているのかなァ」などど話しているうちに、ピヨ握る手がきつくなってきました。
「どうした?」と聞くと、どこかに引っ張られているというので、
行ってはいけない、君のいる世界はココだ!!
と言って強く抱き寄せる様でした。

この晩はみんな寝不足。
たぶん目覚めはパンダかキョンシーかって感じだったと思います。

余談:
我が家は2度ほど落雷経験ありで、2回目の方はそれはそれは大変でした。いろんなもの爆発しましたから。
電気屋さんにも配電盤から火を噴かないで助かったねといわれた位です。
だから、ちょっと大きな雷さんが来ると、落雷に弱いところの電源は全部抜いてしまいます。
この晩も当然、相方さんはアチラコチラの電源を抜いてから寝なおしていました。
                 猫 後日お友達の家は電話がやれらていた
posted by ペロC at 09:10| 東京 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

コレが思春期だよ

戦い過ぎて疲れちゃうんですねェ、ココロが。

体調の悪さは毎度の事です。午後は体育が2時間。
「レポートを提出して、見学、もしくは保健室に行けば?!」
無理をしないようにと言って送り出したのですが、
夕方、駅から電話をしてきました。

「歩けないから迎えに来てくれる?」っていったいどうしたの?
もしかして、また、事故かぁ???。

帰ってから話を聞くと、
今日は朝の体調に比べたら午後からはよかったので、体育に参加(見学)していたとのこと。(ここの体育館は学校内1.2を争う霊環境の悪いところです。)
今日もいるなぁと思いつつも無視していたそうです。(これがバッド(下向き矢印)だった?)

授業が始まってしばらくは覚えていたらしいのですが、その後記憶が全くないそうです。
すわったまま固められていたようです。
授業が終わっても動かないピヨを見て、先生慌てて大きな声で呼んだとか。
呼ばれて意識は戻ったものの身体の左側関節が痛くて、特に足が激しく痛み歩けなかったそうです。

翌朝には少し良くなったので安心しましたが、きっと、金縛りにあっていたのでしょうか、それとも、どこかに飛ばされたでしょうか。


日常がこんなせいで、情緒は本当に不安定。
突然メソメソ泣き出すのです。
解っていても、心配なペロCです。がく〜(落胆した顔)
こんなに頑張って毎日過ごしているのに、そんなにメソメソしていてはどんどん悪いものを呼び寄せそうじゃないですか。
だから、ついつい、いろいろ話しちゃうんですよ。今まで乗り越えてきたんだから・・・と。ふらふら

ココロも身体も限界に近いから...。

むかっ(怒り)何が悲しくてとか、何に腹が立ってとか、何が辛くてとかじゃなくて、自然と涙が出てきちゃうんだよね。
こんな毎日じゃ精神的に不安定にもなるよ。むかっ(怒り)
感情がコントロールできないexclamationコレガ思春期って言うんじゃないのexclamation×2

ひとしきり大泣きした後に、勉強していました。
                    猫 誰にも解らない苦しさだよね、ゴメンね
posted by ペロC at 23:00| 東京 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

±のつづき

『修学旅行のまとめ』なんて、まだやっているの?!
もう学園祭の話一本じゃなかったの?!むかっ(怒り)

昨日も噴火直前の出来事(担任の事)もあったらしいピヨです。
ちょっと聞いてくれないか、と延々愚痴を聞かされました。(ま、いいですけど・・)

激頭痛、体調も悪かったらしく、2時間ほど保健室で寝ていたそうです。
シバさんからのブレスを額につけて唸っていたらしい。
(激頭痛の時いつもこうしているんです。学校内でどうどうとこれをするのはチト恥ずかしいそうで・・・。)
新しい保険の先生に「頑張りすぎだよ、時々学校休んだら?」
って言われても、もう、後が無いんですから。(ココまで休めばもう、どーでもいいような気もするけど・・)

さて、「とってもイイこともあったんだよ〜。グッド(上向き矢印)」と。
先日、上がってくれた女の子がやって来たそうです。

授業が終わって少し風にあたろうと廊下に出たところ、女の子が現れて、

「お姉ちゃん、昨日はありがとう。とっても楽になったよ。
 天の世界は綺麗だし、楽しいし、とっても素晴らしい所だからちょっと見せてあげるね。
 本当に、ありがとう。」

少し言葉を交わして消えていったそうです。そして天国を少しだけ見せてくれたそうです。
見渡す限り綺麗なかわいいお花畑かわいいだったそうです。
その女の子がとってもお花が好きで、そんな景色を望んだんだろうと。
とってもかわいらしい顔をして、手にお花を持っていたそうです。

こんな接触を廊下で、それも窓の方を向くわけでもなく。
ただボーッと突っ立っているように見えたでしょうから、さぞかし『変な人』になっていたに違いないと言っていました。


霊とのこんな関わりは嬉しいけれど、ベットに入ると
「あ〜今日も仙人さんと話ができない..あせあせ(飛び散る汗)マジ、ひどい!見え方、感じ方、聞こえ方全てピークかも、もう我慢できないよ、誰かに愚痴らないと...もうやだ〜(悲しい顔)
と訴えていました。
                    猫 今月も忙しいよね、身体もつ?
posted by ペロC at 06:57| 東京 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

±どっち?

さて、学校に行きだして4日目。既にいろいろあったようです。
毎朝、「超ダル〜...ちくちょう!負けるものか!パンチ」と出て行き、
帰って来ると「ジカレタ〜〜、キュ〜バタンダッシュ(走り出すさま)」と倒れ込むピヨです。

バッド(下向き矢印) 教室の鯉たちがお引越しをする事に
新学年スタート −霊編−に出てくる鯉と金魚。
金魚は夏休み中に病気で全滅だったとか。
鯉が4匹残り、扱いをどうするかクラスで話し合いがもたれたそうです。
このとき、鯉たちはピヨに必死でこの話し合いを中止し、自分達をこのままここに置いて欲しいと訴えていたそうです。
しかし、そんなこと言う訳にもいかず、とうとう皆は「鯉の為にも!」なんてことで、近くの川に放すことにしたそうです。

最後の別れの時、ピヨは鯉たちに助ける事ができなかった事を謝り、鯉たちは自分達の気持を受け止めてくれただけでも嬉しかったと伝えてきたそうです。

放流したのに、少ししたらピヨのいる岸に戻ってきたそうです。もう一度サヨナラをして泳いでいったそうです。
(ホントはめちゃくちゃ面白いやり取りがあったのですが、ペロC、忘れてしまいました。ふらふら

そんなわけで、話し相手が減ってしまい淋しくなってしまったのでした。
(友達Sちゃんは学校に来れなくなっているのです。)


グッド(上向き矢印) 例(霊)の女の子 の それから
楽しいことを探せ!の記事からしばらく登場する学校の近くにいるらしい女の子の霊が昨日上がってくれたそうです。

休み時間に「お姉ちゃん」と呼びかけてきたそうです。
ナントexclamation×2上げて欲しいと言ってきたそうです。
ピヨには力が無いので、「できる方のところへ飛ばそうか?」と言うと、
お姉ちゃんがいいと言うので、「祈る事しかできないよ」と一心に天国へ行けるように祈ると、上がって行ってくれたそうです。揺れるハート

よかったね、ずっと苦しかったでしょうから、やっと楽になれるのかと思うと、ペロCまで嬉しくなっちゃいました。

しかし、学校にはまだまだ最悪な霊達もた〜くさんいるのです。

ガンバレ!ピヨ!負けるな!!ピヨ!!
説得して説得して説得しまくって...体力持たんか...。
                    猫 ひとごとだと思ってと叱られそうあせあせ(飛び散る汗)
posted by ペロC at 11:06| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

立石神社(山梨)

以前、薦められていた立石神社に昨日、急遽行くことになりました。
家族それぞれの事情もあり、土・日の予定の取り合いのような状況の中、決定!
お天気晴れもよくドライブ日和でしたしね。るんるん

とても解りにくい所というので、事前に調べられるだけ調べて、いざ出発。
どうして行く事に...というところは置いておき、1時間半ほどで目的地の近くに到着。
葡萄狩り農園の棚を道の両脇に見ながら進み、さあ、いよいよこの辺り?のはず...ところが、ここからが大変だったのです。ふらふら

案内も何もない、オマケに道も細い、切り返しもままならない状態で何とかたどり着いたけれど...がく〜(落胆した顔) 何?ここ?ウソ?!と思うほど荒れ果てていました。
見た瞬間に、これはひどいと思うほど。

朽ちたお社、祠、全国にはたくさんあるだろうけれど、ここは年に一度くらいは何か行事?を行っているかの形跡もあるような?..。

写真を撮るのも失礼かと思えるほど、哀れと言っていいのかどうかわからないけれど、そんな状態の神社でした。(コチラのサイトを見て行くことができました。)

ピヨはこの場所は大丈夫と思ったのか、車から出て一緒にお参りさせて頂きました。

道に面した鳥居は大きな蜘蛛の巣だらけ、御神体はそのまま(片面は苔むして)ありました。
社殿はボロボロで、近づいていいのかと思わせるほど。

この神社には遊具も置いてあり(ブランコ・滑り台)、そう遠くない昔は村の子供達の遊び声も聞こえたのだろうと思います。
しかし、遊具も錆付いて...何だか、誰にも忘れられてひっそりと藪の中に埋もれていくのを待っているかのようでした。

相方さんはとにかく言われるままに御神体に手をあてて、ピヨはご挨拶に社殿の前でじっと話を聞いていました。

見ても解るように、今まで散々な扱いをされてきたけれども、もういい。
ずーっと以前に、同じように神(ここの)を見・聞き・感じるものがここを訪れたことがあるけれど、それ以来、本当に久し振りだと。
ここにこの神社があったことを忘れないように。

ここの御祭神かどうか、確認はしなかったと言ってましたが、こんなお話をされたそうです。
御神体の巨石には、あまりパワーは残っていなかったとのこと。

社殿に向かって左側藪の奥が随分と気になったらしく、
「あそこに光ぴかぴか(新しい)が三つ見えるけれど何だろう。
 探っていいのか解らないし、ちょっと話しかけても答えてくれない。
 でも、気になるなぁ。」
と車に乗っても言っていました。

いつもは神社をお参りして、すがすがしい気持になれたりしますが、
こちらは何とも言えない風が心の中を吹いていきました。
ここの境内に吹く風のような...。
                    猫 世の中のあるがままというのかな
posted by ペロC at 12:45| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

なんとしても見つけねば

と、必死で探しているのです。
直接会うことの出来る人。
ピヨが「もう限界かも」と言うことが多くなっていました。
あまりにも非現実な出来事が繰り広げられていたようです。

ある日から、見えないペロCには言ってはいけないと思い、我慢をしていたようです。(あまりにも色んな方々・モノとの遭遇が頻繁で一々言ってはいけないと)
それが、どんどん溜まって発散出来ずに苦しんでいたようです。


30日、クロちゃん(お知り合いになったばかりなのに)に紹介してもらった霊能者の方(Aさん)と会いました。
(Aさんには無理を言って急遽時間を作って頂き感謝です。
 勿論、クロちゃんやユン君、ベイちゃんにも会えました。
 美人なママにイケメンのお子達。モデルさん?ってくらいカワイイ!ハートたち(複数ハート)

二番目の対面鑑定のとき(コチラ)のようになるかどうか、半分心配しながらいきました。(前回は背後の方のパワーとピヨのパワーは正反対ののものとわかりました。)

結果、大丈夫でした。手(チョキ)
今回はのけぞる事もなく、Aさんの背後の方にも目をやる余裕はあったようです。

新しく言われた事は、ペロCの家系、う〜んとさかのぼって、神主さんのような方がいたらしいということと、ピヨの前世の一つで巫女、もしくは尼僧をしていたときに、沢山の人を助けているということ。

その時、哀れに思う気持から、分け隔てなく抱えきれないほどの人を助ける破目になり、そこで不本意でもどうしても断らなければならない事もあったそうです。
とにかく非常に沢山の霊・(念)が周り集まること、(集める)というのは、そんな前世を持つこと(過ぎるが付く位、純粋に優しい)によるのではないかと。

大変な状態であるということはわかっていても、あまりにも不特定多数の人と関わりすぎていて、探ろうとすると色んなところに飛ばされてしまうらしいです。
『何をさせたくて今この時期にこの霊感を』ということを探ろうとしても、複雑すぎて、「コレ」と一言にまとめる事ができないとのこと。

でも、また日を改めて話す機会を作ろうねと言って頂きました。(感謝


ピヨは同じような経験を同じような年齢のときにしてきた人に会えて、少し心の拠り所が出来たのではないかと思います。

大きなところではシバさんに助けて頂き、心の不安をAさんに聞いてもらいながら、何とか乗り切って欲しいなと思います。
次の日、母に見たもの・起こったこと何でも話していいんだと言う事を伝えて...少しは気持が楽になってくれたかなぁ。


今日からまた、学校が始まり体力的にシンドイ生活になります。
中3前期、あと一ヶ月程で終了です。
ほとんど出席できていない授業をなんとか挽回できるかなぁ...。

P.S.
 「ユン君チラチラ私を見ていたねェ。二人ともかわいいよねェ。」ってピヨも言っていました。小さい子、大好きなんです。
ピヨはAさんと話をしていたので集中してみる事は出来なかったけれど、「結構パワー持ってるね。」と言っていました。後ろの方3名は確認したそうです。わーい(嬉しい顔)
今度、もっとゆっくり時間のあるときに会えたらいいですね。
               猫 (今更ながら)沖縄、止めるべきだったぁ!(悔
posted by ペロC at 10:31| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

・・・できたらいいよねぇ

今日から塾の夏期講習が始まったピヨです。
ここ数日あぢ〜晴れと言っては昼寝をしていたピヨです。
体力もたな〜いと言ってグデグデしています。

思うように勉強が進まないピヨはボソッとこんなことを言います。
ひらめきあ、そうだ、○ピーちゃんの後ろの方、一人譲ってもらおうかな〜英語バッチリになるかも・・・うんうん。
 それに、いつも霊に書かされる文章、古語なんだからいっそのこと一人位後ろについてくれないかな〜、これで古文もバッチリってのがいいよねェ・・・。揺れるハート

それ、できたらいいよねぇ、古文は是非お願いしたいなぁ、
でもさ、ちょっと待って、○ピーちゃんの後ろの方はフランス人なんでしょ?!英語Okかわかんないよ〜。

そんなに都合よく物事行きませんから。そんな事考えている間に英単語でも覚えたら!わーい(嬉しい顔)


実は先程からまた新しいタイプの方がいらして、何やら御祓いのような仕草を続けているそうです。(いったい何が起こるんだろう・・)
                       猫 明日も塾だよ〜頑張ろう
posted by ペロC at 19:25| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

...つもり

猫のモモちゃん、一緒に帰省しないのかなぁ、でも、車嫌いだったから直接行っちゃうのかな等と話していたら、直接行っていたようで、実家に着くとお出迎えだったそうです。

ピヨの霊感はピークだそうです。
お仏壇の周りにもた〜くさん霊さん集まっていたそうです。勿論身内じゃない人も...。あせあせ(飛び散る汗)

今回危険と思いながらも敢えて帰ったのは、仙人様の薦めによりご先祖さんにある事を聞く為です。
しかし、曖昧な情報しか得られなかったようですし、コレと言ったアドバイスもなかったようです。
半分気落ちしていたところ、帰り際にもう一度お仏壇に向かって挨拶をすると、ご先祖さんの一人が「ぴかぴか(新しい)貴方を守る」と言って後ろについてくれたとか...。(是非是非、宜しくお願い致します。)

でもでも、精神的な負担もピークのピヨです。
少しでも気持を楽に出来るようにと考えるペロCですが、全く役には立っていないようです。バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

前世の絡まっている糸の端っこが見つかったばかりですが、ソレを知るたびに入ってはいけない領域に近づいている感じがするそうです。
解決する為に知りたいと思う気持ちと、それを聞く為に仙人様とコンタクトをとること(もしかして神に近い領域なの?)の不安で、情緒もグラグラに揺れています。

ペロC一生懸命受け止めている...つもり
    一生懸命盛り上げている...つもり
    一生懸命寄り添っている...つもり
    家の中明るくしてるのに、コレも...つもりなの?

仕方ないよねェ...でも、一緒に落ち込むわけにいかないけれど、神様じゃないからなぁ...ピヨにはどう映っても、どうしていいかも見えないし。

やっぱり、ソノ...つもりしか出来ないよね。

猫 今日は少し余裕がある?しかし、これブログにする意味ある?まいいか、日記っていうジャンルがあるんだもんね
posted by ペロC at 09:29| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

こんな「いっしょ」ならいいね

迷った挙句に出かけた里帰りです。無事でした。(今のところ)

出かける日(13日)の朝晴れ
冷蔵庫の中の残り物成敗のような惨めな朝食を準備していましたら、ピヨが何気に
「あ、アチラの人が入り口に立っているよ、通りすがりの若い女の人。」
嫌な感じの人じゃないというので、
ふとsonaeさんの記事が頭に浮かびました。(困ったものでいつもは霊に一緒に死んで欲しいと誘われてばかりですがもうやだ〜(悲しい顔)

「じゃあ、こんなものしかありませんがいっしょに食べませんか?」
と言ってみたら、その方躊躇されていたそうですが、
席も用意してご飯も盛り分けて「どうぞ」とピヨがお誘いすると、
嬉しそうに食事をされたそうです。
とても喜ばれて、我が家の会話を聞きながら楽しそうに笑っていたそうです。
そして、来年のこの時期も来ていいかと聞かれてしまいました。
「どうぞ、どうぞ。」と言ってしまいました。(いいのかな・・・。)

名前は「ありきたりの名前なんですよ、おしんと言います。」とのこと。

ええっ?昔の人なの?と食事の後に知りまして...朝の食事、どちらかと言えば洋食でした。
初めてだったでしょうに、お口にあったのでしょうか・・・?(^_^;)

しばらくして、どちらかへ行かれたようです。
       猫 「いっしょに」といえる霊ばかりじゃないところが辛いんです
posted by ペロC at 14:20| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

初めてのタイプ

毎日ホラー映画状態のピヨですが、本人そのあたりはもうとっくに慣れています。(時々、突然の生首に「オーッ!!」とのけぞっていますが。)

ところが、先日、
「母さん、ちょっと初めてのタイプ。」
どんな感じか聞くとどちらかと言えば嫌な部類。

何がいつもと違うのかというと、モバQ自身が結界を張っていると言うのです。居座る事をピヨに邪魔されないように。

ピヨは『気』の流れが見えるんです。
その霊は身体の無い女性の首だけ。それを囲むところにまわりの空間と隔てるように『気』のよどみがあるそうです。
その、『気』の壁の中の気の流れと周りの流れが違うそうです。

その首は、ピヨが部屋にいる間中、出て行けだの邪魔するなだの・・ずっとピヨに罵声を浴びせるそうです。
昨日少し対策を施して...さて、今日はまだ居座っているでしょうか...。
                    猫 いろんなものが出入りしますもうやだ〜(悲しい顔)
posted by ペロC at 07:36| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

お盆のため?

一昨日の晩は少し余裕があったのかいろんなことを話して下さった長老様いえ
仙人様、(どうもピヨは仙人様?と言っているらしいので) 昨日、今日と忙しいらしい。
この時期は休む間も無いほど忙しいとか。

この方のお仕事はわかりませんが、調べなくてはいけないことが沢山あって、アチラの世界の図書館で遅くまで何かを調べていらっしゃるらしいです。

アチラの世界っていったいどうなっているのでしょうねェ。
次元が違うところにコチラの暮らしのようなものが存在しているのでしょうか?...。


先日、すっぽかしてしまった病院に昨日行ってきました。
「ピヨは今、塾で来ていませんが・・。」
と言うと担当医、
「エライよな〜、頑張っているよねェ。」

と言っておきながら、やっぱり病気だよって、だから他の薬出したくなっちゃうんだよねって、
アンタいい加減にしなさいよ!散々病名は付けられないだの、診断が難しいだの言っておいて、薬出したいって、それ、るんるんどれにしようかな〜るんるんってのりで薬出さないで。
と拒否して来ました。
自分が必要なものだけ目いっぱい出してもらって。手(チョキ)
                      猫 医者も霊能者も信頼関係だよ
posted by ペロC at 06:46| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

続・安全確保のために

2階にある自分の部屋にも容易に行くことのできないピヨですが、勿論、外出先にも要注意です。(何と不便な身体でしょう。)

しかし、最近はネットのおかげで随分助かっています。
一部かも知れないけれど、事前に行く先の様子が見れるので、余程危険!と言う場合は無理をしないよう考えたらいいわけです。

今週末ペロCは用があり出かけなくては行けませんが、ピヨはそれに同行すると言うのです。で、いつものようにチェックをしようとしたら、長老様が現れて、その場所の写真は見ることもいけない、そこへ行ってはいけないと。
こんなこと初めてです。
ある公民館の図書室ですが、そんなに危険な場所なの?ってくらい。

そんなわけで、毎晩のコンタクトのときに御岳山のことも聞いたらしい。
『御岳山』はそう気にならないのか行く事を止めはしませんと言う返事。
それより何故か『ペロCの実家』に絶対行きなさいとのこと。
それから例の『熊野』は行けば必ず神様からお言葉を頂けるとのこと。

う〜ん、どうしよう・・・。

あ、また、2階の対策聞き忘れてるョ。ふらふら
              猫 実は前世の因縁についても話して下さった
posted by ペロC at 10:45| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安全確保のために

随分前から悩んでいることの一つ。
「早く寝室で寝た〜い!」であるが、昨日も×だった。
7名ほど先客有り、死神様、常連のあまり良くな人3名+入れ替わりやって来る人3名、だったかな。

一昨日は、そういった方たちはいなかったが、相方が連れ帰って2名が、アッチの部屋とソッチの部屋にいて、いつココに来るか心配で結局諦め。
(この方達、一日でいなくなりました。飛ばしちゃったかも・・)

前に教えてもらった対策はあまり効いていないようです。もうやだ〜(悲しい顔)
(一時、良かったと思ったんですけどねェ。)

そんなわけで、またまたネットにお世話になります。
誰か部屋の御祓いに来てくれる人いませんか〜と。

探していたら来てもらえそうな人が見つかった。
コチラの方。
ただ...ちょっとお高いあせあせ(飛び散る汗)(我が家にとっては)、でも、効果あるならいいんだけどね。(つまりその人本物?っていうのが知りたい。)

そこで、写真をピヨに見せると、
ピヨ「何かこの人懐かしいというか..、何処かで一緒だったのかなぁ・・・。」
え〜がく〜(落胆した顔)、また、何かの因縁とかややこしいヤツ?と疑っていると、いい出会いというか、いい関係だった人だと思うって。
ちょっと会って見てもいいかも、となったのだが、さて、この不安定な時期に果たして行っていいものか・・。

どうしても行きたい『熊野』は 「ちょっと待て」
割と合っている『高尾山』も  「今はあまり近づくな」 
と皆さんからアドバイスされている。
だから
この御岳山だってどうか...また、いろいろ連れ帰るかもしれないしね。
                         猫 まだまだ続く
posted by ペロC at 06:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

貧乏性?

石っころでも雑草でも何でも持って帰ってくる人ピヨちゃんだけ?と思っていたら、相方さんも4・5人拾って、いやいや連れて帰ってきたらしいです。
土日にちょっとお出掛けした相方さんです。(何処の山に行ったのかわかりませんが。)

昨夜ピヨがシャワーを浴びていますと、いつもお話してくれる長老様が出てきて、「今、良くないものがここにいるから、塩で清めなさい。」と教えてくれたそうです。
一人はそこで浄霊させて頂きました。

その夜、いつものコンタクト・タイムで長老様が仰るには、どうも相方さんが連れて帰っていると。
一人はお風呂場にいた人、あと2・3体はいるが、動きが早くて抑えられないとのこと。だから家の中でも注意していなさいということだったらしい。

その、2・3体、見つかりました。
1体は相方さんの部屋に、自殺をした方でした。
もう1体はわたしの部屋に、殺されて山に捨てられた方。
もう1体は...ピヨの部屋から出て行った子狐の霊かな...。
上がるよう説得しても聞かないらしいです。
「おまえに俺の気持がわかるか!」っていうのと、自殺の人は自殺した訳だから、上がる事が出来ないと思い込んでるようなところもあるようです。
どちらにしても、早く家からは離れて欲しいなぁ。

まあ、とにかく家族も連れ帰らないように気をつけねば!
                    猫 そうは言っても何も感じないからねェ
posted by ペロC at 22:17| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

天狗さん&数珠

猫のモモちゃんが泊まっていった24日の夜は、ピヨの状態が最悪でした。
翌日25日は夕方まで体調悪く、全て諦め一日ぐでぐでしてもOKのグデ日にしたのでした。
夕方からバイオリンのレッスンがあり(これは何としても行くって言うもので)、頑張って行き、さて、帰るとき

ピヨ 「あ、今、天狗さんがいた。大きいのと小さいのと二人。」
ペロC「ね、赤い天狗さん?黒い天狗さん?」
と聞くと、「ぴかぴか(新しい)金色の天狗さん!」

家に着いて玄関の戸を閉めようとしたら、
ちょっと待ってと言うのです。

ピヨ 「凄く、礼儀正しい天狗さんみたい。
    どうぞ、散らかっていますがお入り下さい。」

って誰もいない外に向かって言ってました。
そんな、散らかっていますがふらふらって・・・、だからついつい「すいませんねぇ」と言ってしまいましたヮ。

ペロCが思うに○バさんのところの天狗さんじゃぁないかと...。

あら、不思議、天狗さんに会えたからかわかりませんが、少し元気になったピヨでした。


そして、今日(26日)です。(天狗さんはどこ行ったかな・・・・。)

最近また肘より先の手だけってのが多いらしいのです。
昼間ピヨが据わっている椅子に手が乗っているというので、
席を交換してわたしがどっかと座りました。

ペロC「お尻の下に敷いちゃったけど、まだ手ある?」
ピヨ 「うん、あるよ。」
ペロC「そっ、ものは試しだ、じゃあこうしてみるか・・。」

早くひらめき気がつけばよかったョ。

手のあった場所に○バさんの数珠を置いてみた。

ペロC「どう?効果ある?」
ピヨ 「...何か少し弱まったみたい...。」

少ししたら手は無くなっていたそうです。
数珠が吸い取ったらしく、少し数珠の元気が無くなったとか・・・。

ついつい言ってしまいました。
「○バさんグッズを家中に置かなくちゃだめだねェ」って。
             猫 そうです、また自分の部屋で寝れなくなっちまったのサ
posted by ペロC at 21:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

因縁ですかぁ

ペロCの守護霊さんのアドバイスを受けてから、
毎晩コンタクトしている霊さん(長老様としましょうか、一度だけ補助霊と名乗ってきた人の夫にあたる人が来たことも)がいろんなことを話してくれるそうです。

最初は、ピヨの進路の事、
次は激痛の緩和方法、
この霊感のこと
結界の張り方
死神さんのこと  などなど。

死神さんがこのところずっと家の中を転々と移動しながら、いるんです。
先日はピヨの身体の中に入ってさすがに本人ビビリまくりです。

そんな死神さんのことを聞こうと話していると、長老様が今はダメと言うそうです。気配を感じないかね、と。
その時ピヨの真後ろに死神さんがいたそうで、長老様としては対処法を教えても死神に気付かれてしまうと判断したそうです。
とにかく、気にせず平静にとのことでした。

昨夜はピヨにずっと付きまとっている霊(何度も殺すと言ってくる霊)について。
詳細は書きませんが、ピヨの前世に因縁があるとのこと。
だから、今世まで追ってきているらし。がく〜(落胆した顔)
実際怪我もさせられているので、注意はしているのですが、
危険シグナルの見方を教えてくれたそうです。
しかし、助けてくれるでもなく、どう因縁を断ち切れるかという話にはならなかったそうです。


長老様 へ

ピヨの母です。
嫁入り前の娘ですから、そんな大昔の男に命はやれません!!!
どうかどうか、その因縁を断ち切る方法、身を守る方法をしっかりアドバイスお願い致します。


と拝みたい気持でいっぱいですが、その方と話が出来るのはピヨだけなんですよね。
誰かピヨの前世とその男の正体教えて下さい。勿論対処法も・・・
                       猫 ホントだったら嫌だよね
posted by ペロC at 07:12| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

霊のいじわる

発表会開場でのこと。

今回は初めてのホールでしたので、事前にHPの写真でチェック!
大・小のホールがあるのですが、即座に「小は嫌だな〜」と。
でも、その小ホールでの発表会でした。

ピヨはパワーストーンのブレスを4本、数珠に、塩にと全て持ち込んでの演奏です。

自分の前の方達の演奏はほとんど聞いていません、ホールの中にいれないから。(霊の影響を受けちゃうんです。)
でも、自分の後の数名の演奏は聞きました。

何番目かのお嬢さん、バッハの「イタリア協奏曲」を弾いていたのですが、
練習風景ですかと言いたくなるほどのつっかえようです。
ペロCこの曲好きですが、聞いていてもカワイソウなほど。

ピヨが小声で、
「あのお姉ちゃん、男の霊に邪魔されている。譜面の前に立って視づらくしたり、指の動きを邪魔したりしている。」
と言うのです。途中から二人になったって。

へぇ〜そんなこともあるの、何の為に?と思ったら、ただの悪戯だそうです。

霊の世界も人間の世界と同じ、とんでもない変体もいたりして・・・悪戯するのもいて当り前なようです。

最後におじぎをすると、
「ひどい!ちっ(怒った顔)蹴飛ばしてる!!」と。

家に帰ってビデオを観ていると、
「あーっ!アイツ、ピアノの下に隠れていたんだ。」

ビデオはバイオリンの3名分しか撮りませんでしたが、その時既にいたということらしいです。

ピヨは邪魔されなくてよかったねぇ。あせあせ(飛び散る汗)
                 猫 負けないほど練習できていればOKさ

posted by ペロC at 23:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

その後(2)

記録:
13日の夜
穏やかどころか、しんどい夜になってしまいました。
夕方までは何とかしていた体調もかなりのだるさに変わってきました。

小学校でのピヨの友達のお母さんが出かけたと言ってお土産を持って来てくれました。
このお友達は前に何度か書いている、イジメにより学校に来れなくなった子です。
お母さんは一見明るそうに見えて、実は心配性で落ち込んでしまうタイプの方。(ペロCはいつもどうしたらそんなに前向きになれるのか?と聞かれてしまいます。)
当時も支えるのに必死でした。

そのお子さんは、結局クラスに入るのが怖くなり、中学では別室登校。
でも高校進学に向けて自分の気持を何とか前向きに随分頑張っていました。
ここにきて、またちょっとしたトラブルがあったとのこと。
きっと、お母さんは気持が沈んでいたのでしょう。

突然ピヨが
「おばちゃんは、強い人だから大丈夫。何も心配しなくてもいいの、先は明るい穏やかな生活になるって、守護霊さんがそう言ってる。」
と言うのです。
わたしはびっくり。(守護霊さんからのメッセージをその当人に伝えるのは初めて。)
ピヨもびっくり。一生懸命、いろんなこと話しかけてくる守護霊さん、はじめてかも、と。
(何か気になったこともあったけど、というピヨでしたが、それは今言わなくてもいいことなのかも...。)

そのお母さん元気に帰っていかれました。

夜、ピヨのため作って頂いたブレスレットの紐が切れてバラバラに。
これで3度目です。さすがに水晶の濁りやひび、水晶から黒い点が3,4つ出て行ったのも気になり、電話をして浄化をしてもらう事にしました。

やっぱり寝る頃には相当の激しい頭痛で睡眠薬を飲んでも効きません。
(まさか龍神様?が入ったってことないよねェ!)


14日
お昼頃整形外科へ傷の経過を診てもらいに行く。こちらは良好でした。
家に帰って直ぐにまた、激しい頭痛がやってきます。
もう、どうにも出来ないほどの。
ふと思い出してしまいました。
陣痛で腰の激痛の為瞬間気を失ってしまうんです。で、痛みでまた目が覚めて。これの繰り返しだったなぁ・・・と。
ピヨの頭痛も同じ。あまりの痛さに意識が遠のいてしまう様です。
痛みはいつもかなり長い時間なんです。結局体力的に疲れてそのまま眠ってしまう。

ペロCも連日の疲れで、ウトウトしてしまいましたが、そうこうしているとまたピヨが何やら宙を見てぼーっとしています。

わたしの守護霊さんがピヨに話しかけてきたそうです。
前回激痛の中、アドバイスをしてくれようと話しかけられたけれど、あまりの痛さに集中することが出来ずメッセージを受け取る事が出来なかったんです。
「やったぁ〜〜!!今夜やってみる!!!」と大喜びでした。

夜、さあ激痛に襲われないうちにお告げを実行しましょう!
すると、どこからかメッセージを頂けるらしいのです。
今回は神様ではありませんが霊格の高い方とのこと。
痛みのとり方や、沖縄の霊からの防御の話ではありませんでしたが、ピヨの進路について語っていかれたようです。

毎晩、これを続けて見る!と苦しいながらも少し希望を持ったピヨでした。

昨夜は穏やかに眠れました。

後ろの方々をはじめ皆様のおかげかなと思える夜でした。
                 猫 この困難はまだまだ続くらしい(T_T)
posted by ペロC at 07:26| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

その後(1)

記録:
まだ、1週間もたっていないとは・・・と思うほど、疲れる日々の連続です。
学校はしばらく行けそうにありません。


続きを読む
posted by ペロC at 16:01| 東京 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 霊感いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。