2007年03月21日

入学説明会

昨日は午後からリコーダー。
お休みした〜い怠け心いっぱいなのですが、お友達が都合をつけてまで参加するのでは仕方ありません。

午後から入学説明会でしたが、まさか帰りに教科書を持ち帰るとは...(重!!
たくさん脅されてビビリまくりのピヨですな。
宿題も出て、入学して二日目にはテストだし・・わーい(嬉しい顔)
えっ?どこもそんなものですか??
今まで、私もかなりのんびりムードでしたものね。

今までボヨヨンのピヨには丁度いいかもしれません。

しかし、何より一番のショックは
・携帯を持っていけない・・・万が一(霊的に)の時に連絡がとれないよ〜〜
・持ち物検査がある・・・数珠とか数珠ネックレスとか数珠ブレスレットとかどうする?(コレも霊対策)
・単位の問題・・・ダンスできねぇたらーっ(汗)(障害?)

さーて、母としてはどのタイミングで話をしたら良いものか。
あの、生活指導の先生は無理だな、話通じそうに無いし、担任はどんな人かなぁ。
                    猫 朝も一時間は早くなるョ
posted by ペロC at 22:22| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

中学卒業式

とうとう卒業式の日がやってきました。天気予報通り、午前中は雨模様、でも午後はしっかり晴天でした。

前日までバタバタとして段取りの悪さは天下一品のピヨです。ふらふら
仲良くしてくれた友達に手紙書いてとミサンガを作って渡したいと、結局寝たのは夜中の1時前でした。(翌日パンダ目で出席かぁ?!)
5時半過ぎに起きて美容院で袴を着付けてもらい出発です。るんるん

いろいろあり過ぎた3年間でしたが、意外と私はサラッとしたものでした。

入学初っ端からのいじめ?!
 → がく〜(落胆した顔)またかよ〜勘弁してくれよ〜〜、
   それどころか何だぁ?この担任!!話になんねぇよぉ〜バッド(下向き矢印)

病気が見つかった 
 → 夜中ネットで病名を探しまくった。
   一晩落ち込んで翌日から180度気持を切り替えた。(私凄い!)
   病院探しと情報集めまくる。
   (このとき相方の無関心さにプッツン切れた!誰の子供じゃぁ〜〜むかっ(怒り)

霊感が開くぅexclamation&question
 → もうやだ〜(悲しい顔)もう勘弁してもらえませんか?私、そんなにキャパないんです。
   ネットと睨めっこの生活が長くなり、ますます太る一方でした。

こんな簡単じゃなかったけれど、まあ終わった3年はハイ!おしまい!!ってな感じで、それより次はどうなるか、とか、
高校までの予定(病院などなど)はどうなっているか、とか、

何一つ解決されて無い問題をしょったまま、次に進むのですから、ソチラの方が気になりますわ。

「サヨナラ〜〜○○生活〜〜〜手(パー)(涙 」なんて湿っぽい気分にもならなかった。

ただ、うちのクラスの親御さん達は本当に素敵な人ばかりで、その方達との別れはちょっと勿体ない気分。もう少し親しくしておけばよかったかなぁ・・。

ピヨは学年の卒業を祝う会には出席して、余興でバイオリンを。(大切な友達に感謝を込めて、と自分の区切りとして)
でも、クラスの祝う会には出席しませんでした。
担任には前日まで痛めつけられたそうで、「クラスの皆に言うことないの!!」と、体裁だか恩着せだかわけの解らない事ばかり要求してくるそうで。

ピヨの気持はこんなものです。『いじめた奴らに何言えっての?!特にオバサン!やっとアンタとオサラバ出来て嬉しいです。』
寂しいことですが、反面もっともだ!!とも思いますョ。

さあさあ、そんなことより次はかわいい入学式。
何とか体調整えておかないといけません。
(ニッコリさんと記念写真を撮りました。友達でいてくれるかな・・)
                    猫 入学式まで桜、もってね 
posted by ペロC at 23:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

最後の学習発表会

今日は中3の学習発表会。
午前最後の『念仏剣舞』に合わせて出かけて行きました。
この時期、あの学校に行くのはかなりの勇気がいります。(花粉の山ですから・・)

ピヨは篠笛担当。
練習期間も短くて、吹いた事も無かった割にはよく鳴ったと思いますが、家で吹いているようにはいきませんでした。
いつもの練習には先輩(高3でつい先日卒業しました)が一緒に吹いてくれていたのですが、今日はお願いしていたのに来ませんでした。

あとから先生が、先輩からの伝言を伝えてくれました。
「自分が来て吹けば太鼓と合わせられて上手く聞こえるだろうけれど、今日は中3の為の発表会。
上手下手関係なくピヨが努力した成果を保護者の人達に見てもらうべきだから、私は行かないよ。
今までやった通りでいいから、一人で吹くんだよ。
頑張ってね。」
とのことでした。

こんなにかわいい良い先輩がいるんだ。

ピヨはあと3年でこの先輩のように、その時々で何が大切なのかしっかり見極めることのできる人になれるでしょうか・・・。
                    猫 踊り手の子供達も上手でした
posted by ペロC at 22:22| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

15歳の誕生日

いえいえ、わたしじゃありませんよ。
ピヨです。

学校で最近仲良くしてくれるTちゃんがバースデーケーキを焼いてきてくれて、お昼に食べたそうです。

最近ピヨのことでお金使いまくりなので、プレゼントプレゼントは無しねと言ってある。
そのうち合格祝いでゲーム『遥かなる時空の中で3』シリーズを買ってやると約束してるし、
この間みつけた『熊野大権現』のDVDも注文した。

本人も納得していたのに、相方さん「プレゼント無しじゃ何だか淋しいね」と好きなCDを買ってあげると言っていた。

15歳と言う響きが好きなのか、それとも自分の人生を振り返ってみれるほど大人になったのか、しきりと感慨深げにしていた。
まあね決して平坦な14年間じゃなかったからね、15年目にかける期待と不安と諦めと、そりゃあ大きなものがある。

今までだって越えてきたよ、今度も越えられるさ。
何しろキミは選ばれた人なんだから...。
                    猫 Happy Birthday to Piyo
posted by ペロC at 20:58| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

コッチも前途多難です

好きだなぁ〜前途多難...まさかでしょ。
でも、大変な受験でした。
一応、音大を視野に入れつつという学校に決まりましたが、それに伴ってバイオリンの先生も変えることにしました。

さて、11日(日)高尾山の帰りにそのままレッスンへ。
ピヨのレベルで何とかなるか、というのが一番の聞きたいところ。
何しろ楽しく続けば状態のレッスンを長い事やっていたので、悪い所が気になりながらも、前の先生はほったらかしだったのです。
案の定、
「右手・左手・姿勢すべて直していきましょう!
 その上で、受験レベルになるかどうかは本人の努力次第です。」
とのお言葉、ごもっともでゴザイマス。ふらふら

本気モードで取り組んでもらいますよー!じゃないと、この高校に行く意味が半減してしまいますから。


もひとつ!
事故!事故!事故!でのびのびだったジュニアオケのオーディション、連絡が来てOKでしたが、今更ねぇ...どうしたものかと迷っているようです。
何しろ遠くておまけに土・日。体力に心配がありますし。

高校に通う事も含め、いろんな事やりこなせるかなぁ〜と思うほど、身体の状態は良くないのです。
・・・・・
これから、都心の病院へ行ってきます。
                    猫 気持が沈むね 
posted by ペロC at 09:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

最後のテーマ別グループ学習

ピヨの学校も卒業まで残すところ3週間ほどになりましたぁ。
水曜日は稲作だったりテーマ学習だったりといった内容でやってきました。
そんな学習もいよいよ最後です。

5つのテーマに分かれて『生きる』について学ぶのですが、どれにするか選ぶのも迷いに迷って『命』というグループに入りました。
プレゼンテーションでは安全なテーマだったのに、実際話し合いが始まると...
戦争体験者の話を聞こう! とか、
ホスピスという場所での命を考えよう! とか
ピヨには危険がいっぱいです。

ところが・・・

遅々としてそれ以上に話し合いは発展していかない...テーマが広すぎて絞れない。

ピヨにとってはラッキー!

で、結局各自が考えたい『』について調べて、そしてそれを一つのものにまとめようということになったそうです。


で、で、もう、最後だし、もともと変な人と思われているんだからとカミング・アウトするぞー!!

霊能者が考えるについて
みたいな題だったと思います。わーい(嬉しい顔)
ひらめきいいんじゃない、ピヨがいつも直面して、迷って、気になって、考えて、知りたいことだろうし。

そんなわけで、今度出かけていきます。
一つの宗教に偏らず、霊能力について語れる場ということで、日本○○科学協会へ行きます...教師の引率つきです。

自分でアポイントを取る為にFAXを送りましたが返事が来ず、子供だから相手にされないのかと先生に電話をしてもらったら、即OKでした。(アチラの方はどう返事をしていいのか解らなかったそうです。???)


るんるん教師の感想
「このような場所に学校の行事(授業)として行けるのは、うちの学校だけでしょうねぇ、いいんじゃないですか、ピヨにぴったりで、どんな風にまとめられるか楽しみにしていますョわーい(嬉しい顔)

実はこの先生の知っている人がいらしたそうで、偶然この先生に電話をお願いしたのですが、結構、仕組まれていたりして...。

文章力のないピヨが、どんな風にまとめてくれるのか、わたしも楽しみにですな。
                    猫 いい出会いがあるといいね
posted by ペロC at 20:20| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

ちょっとぉ!

ちっ(怒った顔)ピヨの学園バスの運転手!全くもう、何してくれんのさ!!

昨日、どうやらバスバスをどこかでこすったらしく、学校内のバスロータリーじゃないか、ということになったらしい。
どこでどうハンドルをきるとマズイのか!みたいな検証をしようと運転手同士で言い出して...がく〜(落胆した顔)

結局子供を20名ほど乗せたまま、ギアを逆に入れてしまったりで...音と振動で、ピヨはパニックだむかっ(怒り)

まだPTSDと戦っているのに...ちょっとぉ!いい加減にしろしっexclamation×2exclamation×2
たまたま昨日はSちゃんが登校していたので、彼女が必死で落ち着かせようとしてくれたらしい。
一人だったら完全にヤバかったな、たぶん。

帰宅後のピヨは怒り治まらず、今日学校で保健の先生に話をすると、
「そりゃ大事(おおごと)だあ!」ってことになってしまったのですよ。
担任や校長から電話があって、バス会社の上役から電話があって、そのあと当の運転手から電話があったけど、
運転手は全く反省の色無しって感じ。口では誤っていたけど、ため口喋りで学校や会社が大騒ぎなのに緊張感なし。

いづれにしても、乗客のいる状態で何してるんだ?こらぁ!
ソコが一番の問題だろうexclamation&question

まあそなんことがあって・・その対応をみてもやっぱり行き当たりバッタリな学校やと思ったわ。(修学旅行で事故に遭った時、同じコースだったにも関わらず全く知らんふりの校長だったのだ)
しばらく大変だぜぃもうやだ〜(悲しい顔)
                     猫 またバスに乗れなくなるかも
posted by ペロC at 22:29| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

夜爪を切る

昔から夜爪を切る『親の死に目に会えない』と言われているようです。
事実わたしも子供の頃には散々言われて、結構気にしたものです。
一人暮らしをする頃になってそうも言っていられず、今では平気のへっちゃらに切っちゃっていますが・・。(まだ、生きてまっせ~~)

諸説ありますが、

『昔、灯りが火(囲炉裏、蝋燭,ランプ、行灯等)だった頃、夜に爪を切ると手元が見えづらく誤って切ってしまうこともあり(爪きりなんてなかったでしょうから)、その傷からばい菌が入って、病気(破傷風)で早死に。
 だから、親より先に死んで、親の死に目に遭えない』

とだいたいこんなことのようです。(知らんかったぁ(^^ゞ )

そんな理由を知る前、風呂上りのピヨとの会話(勿論、夜です)

ペ「ちっ(怒った顔)今のうちに足の爪、切っておきなさいョ!もう鬼爪になってる!」
ピ「嫌だ、早死にしたくないもん!!」
ペ「私も散々したけど、わーい(嬉しい顔)ホレこの通りまだピンピン生きとる。」
ピ「何回くらい夜に切ったことある?」
ペ「数え切れないほど!」
ピ「ということは・・・
  そっかぁ、ひらめききっと一回切ると一日寿命が短くなるんだよ。
  だからさ、365回切れば寿命が一年短くなる。
  もともと寿命の長い人は、一年位縮んでもわからないよね!」
ペ「ほー、確かにねぇ〜〜(妙に納得している)、
  じゃあ今切っても、そう縮まるわけじゃないから大丈夫じゃん!!」
ピ「まあ、そうだね...。」

この勝手な意味づけに納得して爪を切っていました。
                    猫 これにて一件落着ぅ!!
posted by ペロC at 06:20| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

いよいよ来たぁ

明日、ピヨの最初の高校受験。
かなりまずい実技の出来。ふらふらたらーっ(汗)
本人が一番心配している。
やっぱり早目に曲を変えておくべきだった...と今更言っても仕方が無いので、ココ2日は曲に集中して練習した。
少しはマシになったものの、爆弾何箇所も抱えている。

明日はチューニングはどこかでできるようだけれど、
練習することはできないとか。
うっそ〜〜もうやだ〜(悲しい顔)、だって、少し弾かないと楽器も鳴ってくれないし、
本人も指が回らないだろうに...。

とにかく、霊に邪魔される事なく、
無事に全てが終了する事を願うのみだね。
あぁ、お天気も何とか今夜じゅうに降るものは降ってねって感じ。
雪で電車のダイヤが乱れるってのだけ無しね。
                    猫 モモちゃん応援してにゃ〜
posted by ペロC at 21:39| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

調子が悪い

と言えば、2日だったかなぁ、メチャクチャおかしかった。
こんな世界もあんな世界もOKだけれど、はなから霊のせいになんかしない。
ところが、今日はどうした?ってほどイライラして自分でも信じられないくらいだったんです。
何か憑いた?って思わず言ってしまいましたよ。
それでも、理性が勝るので、というか...害が出る前に「いつものわたしはどこだぁ?」と言いながらリラックスするように努めました。


さて、調子が悪くて問題なのはピヨの楽器。(と腕です。)
あと試験まで1ヶ月ないのに。こんな事言ってる場合じゃないよね。もうやだ〜(悲しい顔)
どうも昨年の骨折にからむ諸々の事もあるのかなぁ。
いまいち弾き込めていない感が大きい。
年末に調整に出したにも関わらず、やっぱり楽器も限界かなぁ...。

ピヨは試験の曲をまだ迷っている。
予定しているバッハのコンチェルトが思うように仕上がらない。
「できませ〜ん!スプリング・ソナタに変えたいョ〜。」
と先生にメールを入れましたが、先生はできればバッハにとのこと。
迷う..迷ってるよぉ。
で、親はさ
悩む..悩むよ...先がどうなるか全く不明なのに、一気に高額なものに買い換えていいのだろうか...。
その前にお金を工面できるだろうか...。
老後の暮らしはどうなるのだろうか...。

ピヨの悩みがそのまま我が家の悩みかぁ?がく〜(落胆した顔)
                    猫 あたま痛〜い
posted by ペロC at 10:55| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

今更ながら迷う

今朝は諦めて時起きです。
昨夜は眠れなくて、というより最初の2時間で爆睡したらしく、その後何度寝ても直ぐ目が覚める。もうやだ〜(悲しい顔)(一気に老人体質?)

先日、骨の病気で体育が出来なかったお嬢さんをお持ちのお母さんが、高校入試の説明会で娘の病気について配慮をしてくれる高校を選んだ、と話していたのを、ふと、思い出した。

高校って中学と違って単位を取っていかなくちゃいけないんだよね。だから、そんなことも考えてあげなくちゃいけないんだ。
(自分が高校生の時、そんなこと考えたことなかったけれど・・。)

ピヨは最近呼吸の苦しさを訴えることが増えてきた。
ということは進行しているかも?肋骨の廻旋が・・・。
手術になれば勿論だが、普段の体育でも出来ないものもでてくるのに、今回推薦で受ける学校には、病気のことを話していない。
伝えておくべきなのかな...。

私立から私立で通常の推薦は受けられない所を交渉でOKして頂いたので、不利になりそうなことは話せなかった。
勿論、霊感のことなど話せるわけもなく、こちらだって身体に対する負担は半端じゃない。

こんな状態で、普通の学校に行って、もつのだろうか・・と、かなり不安になる。
ピヨは全て大変になるのはわかっていて、でも、あえてその大変さに挑戦して慣れておきたいと。

「自分だってどんな状況になるか想像はつくけれど、限界超えても頑張り続ける!そうじゃないと生きていけないから!
社会に出たら、特別扱いはないから。
今、温い所にいたら将来、一人暮らしにともなうことも、仕事における困難も越えていけなくなる。
一人で収入を得ていかないと生きていけないわけだから、今、いろんな事を乗り越えなければいけないの!」
と言うんです。

「そうか、じゃあ頑張ろうね。」
と軽く言いたい所だけれどそれでいのかどうかもわからない。

本人が選ぶのが最善と言う人もいると思うけれど、本当はそんなに頑張って欲しくない...。
「もしかして、もう、精神病の一歩手前かもと思うくらい、ギリギリなの。(霊感のこと)」と、よく言っているから。
たぶん、それは本当なんだと思っている。

だから、どんなことであれ自分を追い詰めて欲しくないってのがわたしの正直な気持なんだろうなぁ。


本来なら、ピヨの将来はピヨが決めればいい と思うけれど、
心身健康体ではないのに、本当にそれでいいのかなぁ・・・・・。

ピヨは普通の生活がしたいだけ、わたしは普通の子育ての悩みにしたいだけなのに。
               猫 『普通』 だって色々あるでしょうけどね
posted by ペロC at 06:06| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

笑えない話

♪ポカポカ〜、どうか晴れさん、わたちのココロも暖めておくれ〜♪

毎日シビアな生活が続いておりますピヨです。
昨日は『一人の為の演奏会』でブツクサ文句を言いながらも
要求された三編みをして出かけていきました。


「大音、確保しておくんじゃなかったのかぁー!ゴルァ!!」と言いたいのを我慢して、
何故か理科室に引っ張り込まれ、電灯を駆使して(多分教壇の上のみひらめき?)
仮設も何もあったもんじゃないステージの出来上がり。

バイオリンの先生は風邪でお休みというメールも入り、
何時まで遊んでいてもいいよとメールを入れてあげましたのに、
そそくさと帰ってきました。

夕方5時以降、あの学校内にいるのは非常に危険だそうです。
(うようよとモバQ湧いて出て来るのが見えるらしい...)


そんなことより、もう直ぐ学校行事の音楽祭があるのです。
前々から、最後だから有志で何かできるといいねと話していました。
曲も決めて、後はメンバーに出演交渉する予定だったのですが・・・。

音楽祭は毎年テーマを掲げてやるそうです。
そして、あの学校で一番危険な体育館でやるんです。

そ・それなのに・・
クラスの合唱は出なくては行けないのに・・・

な、な、なんと、今年のテーマは、





がく〜(落胆した顔) 何、考えてんだよぉーっ!ふざけんなぁ〜〜!!!もうやだ〜(悲しい顔)

と泣いておりました。
もう、有志はヤメダ!ヤメダ!! だそうです。
(実はピヨは「百鬼夜行?」を見た事があるのです。見た直後に私報告されましたから。)
                    猫 母も楽しみにしていましたのに
posted by ペロC at 14:05| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 家族の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

良くない

日曜日、体調の悪い中会場模試に行ったピヨは、帰ってくると寝てしまいました。
寝ておきてもスッキリ感なしで、結局復習はあきらめ。
まあ、仕方ない...。

昨日はもっと最悪な体調。
学校ではすべての霊を無視できたという実感があったのに、一日頭は激痛。
しかし保健室で休むことなく無理して授業に出席していたら、とうとう最後の授業であまりの痛さに意識が飛んでしまったらしく、全く内容に記憶が無いとのこと。

いろんな宿題を抱えて帰ってきたけれど、夕食の最中にまた激痛が始まる。
食事どころの話じゃない。

さすがに不安になるじゃないですか。
霊的な問題なのか、本当に髄液が漏れているのか・・・。

これじゃあ、体力持たせようがありません。
                    猫 本当は休ませたいけど・・
posted by ペロC at 05:56| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

ざわざわ

昨日はぶん殴らずに帰って来たようです。

ペ「1限目の担任の授業、嫌ならふけろ!母が許す!!」
ピ「サンキュー♪」

そんな言葉を交わし、鼻息荒く学校に向かったピヨです。

学校について先ず保健室に行き、先生にざっと昨日の話をしたら、
今日は担任と顔を合わせてはいけない、
ホームルームもさぼれ、1限も出ない方がいいよ。
とご指導頂き、無事にかくまって頂いたとのことでした。

保健の先生のいうことにゃ、
「あの人(担任)にあれだけ話をしたのに、自分のしていることの害が解らないんだね。解るまで何度でも言って行かなくてはいけないのだけれど、ピヨが言うとまた問題になるから、副担任に話をして副担から担任に話してもらいなさい。」と。

何だかややこしけど、副担の言葉も聞かないだろうなぁ・・って感じ。
結局対決はお預けになった訳です。

その日のお昼に友達とSちゃんを何とか励まそうということと、担任は終わってるヤツなんて話で盛り上がり、ピヨも少し憂さ晴らしをして帰って来ました。

大切な親友を担任のせいでなくした様なものですから。
何だかんだ言っても一緒に動ける友達がいるってのは楽しいものね。
おまけに、またPTSDに悩まされているので、一緒にバスに乗ってくれるのも大助かりなんです。
それなのに...ちっ(怒った顔)ムカッ!!

今日は何と言って帰ってくるかわかりませんが、(だって、明日は担任の授業が2時間ぶっ続け。今日・明日は公開授業なんです。)
そんに怒ってばかりいると悪いもの(モバQ)寄せ付けちゃうよ〜と、心配なので、楽しいことを探してみようじゃないかと提案すると、
 友達とバス時間も忘れるほど大爆笑で話し込んだこと
 ニッコリさんと朝、登校途中で会っていろいろ話ができたこと
と言っていました。

学園祭以来、大胆に挨拶するようになったニッコリさん。
(申し訳ありませんふらふら、あなたは家では笑いの種になっています。)
いえいえ、ニッコリさんは素敵なお兄さんです。ピヨが学校に行く楽しみになっています。
が、それでも出たいというこの学校、よほどの怨念が渦巻いているのでしょうか・・・。

先程、電話がありました。
ニッコリさんとピアノを弾いたりして遊んでいたらバスに乗り遅れた、と。

オイッ!そりゃいいけど、副担への事情説明はどうなったんだぁ??
                    猫 つづく
posted by ペロC at 16:55| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 家族の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

怒り爆発

おととい、ピヨの友達Sちゃんから、久し振りの電話。(彼女学校来れてない。)
行きたい高校も決まって、いつものグジグジもなく元気な様子とのこと。
学校に行ってみるつもり、もしかしたら、時々でも学校行けるかも。
とのことだった。

ピヨも喜んで出かけていったのに、帰ってきたときはパンチ怒り爆発むかっ(怒り)

何があったのかと思ったら、まただ、担任がSちゃんを泣かせた。

授業の空き時間に3者面談の予定で来ていたらしい。
はっきり言わせて貰えばSちゃんの母、そうとうのバカ者だ。
子供の頑張りを無視して、子供を落ち込ませることしかしない。
そんな母親と自分勝手な担任の二人に攻められて、我慢して話を聞いた後、大泣きしながらピヨの授業が終わるのを待っていたらしい。

Sちゃん自身の問題はまた別な話で、クラスの中でいじめがあったのは事実。
ピヨに言わせても、「(ピヨが受けてきたことに比べたら)そんな程度のこと」だけれど、
程度じゃないんだ、『いじめ』は『いじめ』なんだと言う。

理不尽な理由、『暗いから、はっきりしないから、もたもたしてるから、キモイから...』

まさに今一番話題になっていることなのに、全く解っていない担任。
それよりもっと悪い母親。
一緒になって子供攻めて、頭が悪すぎ!!

全く信じられないことだ。

やっと勇気を持って学校に来たのに。
保健室に真っ直ぐ行かず、教室の前まで来たのに、
卒業まで毎日ではなくとも、何回か登校してみるよって話していたのに。

ピヨの怒りは相当なものだった。
「ぶっ殺してやる!世の中に死んでもいい人はいないという持論だったが、止めた!例外はいる!!地獄に落ちろ!!!」
と散々なものだった。

今日はホームルームのあと1限が担任の授業。
「ぶん殴るかも・・・。」と言って出て行った。

わたしが出て行くにしても、当人の母親があれじゃぁ、
自分の子供、潰したいの?

さて、どうしたものか...。
                 猫 あ〜、今日はどうなっているだろうか
posted by ペロC at 10:04| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 家族の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

満足できる時間

最近曜日の感覚がちょっとおかしくなっているペロCです。
(何故って、家族がいつものように会社や学校に行ってくれないからです。ナンチャって。)

久々登場の相方さん、二日ほど風邪気味?なのか会社をお休みし、ひたすら寝ていました。
金曜の健康診断に影響しないように等と言っていましたが、本当は週末のお遊びに行けなくなってはいかぬといったところでしょうか。
何しろ「ボクから無線を取ったら死んだも同然!」と言い切る人ですから。
死ぬ直前まで、測定器と無線機と半田ゴテとなどなど、機械に埋もれてゴソゴソやっているでしょう。(まあ、身体が動けばですが。)
今日は会社にいきました。(検便の容器をもらわにゃいかん!と言っていました。ハハハたらーっ(汗)


ピヨは唯一の友Sちゃんが学校に来れなくなってから、少し自由になったのか、自分でも努力して周りの子と関わるようにしています。
で、その結果話せるようになったTちゃんと昨日、学校の帰りにカラオケカラオケに行きました。
(授業が半日だったので...普通はダメなの?私、行け行けとはやし立ててしまいましたが。)

何しろ制服が無いので朝から珍しく随分オシャレをして、ルンルンでした。
学校に行くと「カワイイじゃん」と普段口を利かないような子達も声を掛けてくれ、担任も「どうしたの?二人とも随分オシャレしていない?!」と。
Tちゃんが大きな声で「今日帰りにピヨとカラオケ行くんだも〜ん。」
こんな発言もまかり通る学校です。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)行動は全て自己責任です。

授業終了後ピヨから電話が来まして、何時間歌ってきていいかというので、
好きなだけ歌って好きなだけ遊んでくれば!と言いました。
それでも本人達通常の下校時刻位に帰ってきました。

ところが、いつもと違う。
充分遊びに満足してきたので、帰って来てもダラダラしない。
自分の立てたスケジュールで練習も勉強もやっている。

そうだよなぁ、何か満足できる事があると他も頑張れちゃう。グッド(上向き矢印)
逆上がりが出来ると数学が出来るようになる!のに繋がってるよなぁ。(あ、コレちょっと違う?!)

それから、帰りの電車の中で、ひらめきと自分の進むべき道が確信できたぁ!と言って燃えていました。

ナニナニ?聞かせて頂きましたが、結構お金も掛かりそうですな。ふらふら
(母は宝くじが当たってくれなくちゃ満足な生活も無理かも・・・なんてね。)

何はともあれ、充分遊べたという実感による相乗効果ですか。ヨカッタ、ヨカッタ。わーい(嬉しい顔)
                   猫 ターゲット・オン 前進かな?
posted by ペロC at 10:29| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

恋の予感?だといいけど

かなり程遠いようです。
折角応援してあげようと思っているのにィ。(えっ?!余計なお世話ですかぁ?)

ピヨに叱られるぅ、人の話ばかりネタにすんなーってね。わーい(嬉しい顔)

少し前に、
ピ 「学校に変な子がいるんだよ〜。何だか自分を見てニッコリするんだよね。」

母 「へぇ〜、あなたにじゃなくて、周りに誰かいなかった?」

ピ 「誰もいないときもだよ。」

母 「そりゃまた、随分な物好きかもねぇ。で、どんな子?イケメン?背は高い?」
とオバサン根性丸出しで聞いてみる。

ピ 「う〜ん、普通かな。あ、でもね、外人かも。」

母 「外人かもって何それ。」

ピ 「あぁ、ハーフかも、でも見た目は白人。」

母 「へぇ〜〜〜。」

名前も知らないというので、家では『ニッコリさん』と呼んでいるのです。

学園祭で何度も見かけた男の子が、どうもその『ニッコリさん』のようなのです。
なかなか、カワイイ子で今どき風とまた違った清潔そうな好男子ですがピヨは全く興味なし。
途中転入してきたイケメン君が微笑むとピヨの揺れるハートバクバクらしいのですが・・・。
(学園祭でこのイケメン君は見そびれてしまったぁ、残念!)

ニッコリさんだって、白い頬をピンクにしながら微笑んでれるとかで、もったいないなぁ・・・とつくづく思う母です。

受験があるので恋は邪魔!と思わないわけではないけれど、ちょっとでも楽しみがあれば、学校に行く張り合いってのが生まれはしないかなぁと思うわけです。

ピヨに声を掛けられないニッコリさん、後片付けの時に困っているピヨを見て、勇気をふるって(見ているだけでわかってしまうらしい)声を掛け手伝ってくれたそうです。
何ともありがたいじゃないですか!って思うのはやっぱりオバサンだけ?
                   猫 もったいないオバケが来るぞ〜
posted by ペロC at 21:23| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

学園祭(当日編)いいんじゃない!?

いよいよ当日がやってきまして、段取りを確認し親も巻き込んでの準備です。
付けてもらえなかった電球のかわりの照明をセットし、午後の段取りをして準備OKです。
(できれば、手を貸すなんて嫌だけど...背中のファスナー上げじゃぁ、仕方ない...。)

続きを読む
posted by ペロC at 16:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学園祭(準備編)いろいろ勉強になったかぃ?!

さてさて、23・24日に行われたピヨの学校の学園祭。
その準備がるんるんい〜感じ〜でした。(ペロCから見るとね。)

中学最後だから、というより良い想い出もない3年間じゃ嫌だ!と珍しくピヨにしては気合の入っていた学園祭でした。

続きを読む
posted by ペロC at 15:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

十五違い

この間、電話でピヨとSちゃんが話をしていました。
(Sちゃんは最近学校に行けてないので、クラスの事情がわからない。)

S 「学園祭のクラスの出し物なに?
   ○ちゃんのメールにビー・エー・アールって書いてある。」

P 「バーBarでしょ。(オイオイ、そんなんも読めんのか?)」

S 「あっ、バーなんだ。
   でさ、じゃあ 『Bar 十五の夜』って言うんだね。」

P 「うん、そうそう。」

S 「十五の夜って、歌からとったの?」

P 「えーっ?歌かどうかしらないけれど、秋っぽいからじゃないの?!」
 
  (母「へぇ〜尾崎 豊の曲名をつかったのぉ」小声で。)

S 「ええっ?なんで秋っぽいの?」

P 「なんでって、『十五の夜』 の、『の』をとってごらんよ。
   『十五夜』でしょ。9月だし...だからじゃないの?
   尾崎 豊の曲なんだって。」

S 「...あのさ、その 『じゅうご』ってね...15歳の 『じゅうご』 だよ。」

P 「......マジ?!!ショック!!
   皆知ってる曲なんだ?!私だけ知らなかったんだ...、
   フツウに言ったらお前バカぁ?!!って言われちゃう。」

S 「大丈夫だよ。でもさ、いいじゃない、その解釈も。」


電話口でもうやだ〜(悲しい顔)泣きわーい(嬉しい顔)笑いを繰り返すピヨでした。
(母は涙が出るほど笑ってしまいました。ゴメン)
              猫 母も思いつかない解釈。さすが!私の娘!!
posted by ペロC at 16:01| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 家族の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。