2008年04月04日

昨日はいったい何だったのか

ピヨは4月1日から3日間、保育園へボランティアに行く事になっていました。
1日目は普通に「疲れたぁ〜」と帰ってきて、
2日目は「今日はいっぱいいたねぇ」と。
新保育園児もいて子供も増えたけど、とにかく霊の数が多かったと。
疲れもひどいし微熱っぽいので、やっぱり明日は行かないと言っていました。
そして昨日、
3日目は早々に休む連絡をして、朝ごはんを食べ熱を測ると37.7度。
朝から結構出ているじゃないですか。
保育園に行かなくて良かった。何だかわからないけれど、園児にうつしたら大変だ。

私はどうしても休めず(仕事的に)出勤。

お昼に携帯電話電話で39度近くになったことが判明。

結局相方に半休をとってもらい、病院病院へダッシュ(走り出すさま)
取り合えずインフルエンザの可能性を確認したが陰性で、医師も何かのウィルスでしょうなんていい加減な事しか言わないらしい。
結局、対処療法しか出来ませんと、解熱をして点滴で、薬も何だかなぁといったようなもの。

病院の中に4時間以上留め置かれて、家へ帰って熱を測ったら、なんと35.8度です。
本当に一体全体なんだったんでしょう。

今日も新しいレッスンの先生と会う予定だったのをキャンセルしましたが、熱は36.4度。

あの39度は何だったのさ...。
                    猫 まずは下がって一安心
posted by ペロC at 16:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

検診2

あ〜つっかれこいたよ〜〜。むかっ(怒り)
よりによってかなり早めに着いちゃって、
2時半予約で30分ほどで終わると思っていたのに、
待った上に段取り悪いよ病院さ〜ん。
4時過ぎに終わって最悪な事にバスが行ったばかり。もうやだ〜(悲しい顔)

次のバスまで、おやつを食べたりして、
入院することになるかもしれないからって、
ちょっと病棟の様子を見てこようと行ってみた。

何か薄暗い感じ。
どう?
まあこんなもんかもね、少し暗いけど。
結局夜じゃなきゃどんな具合か解らないよね。
夜は超ホラーお化け屋敷かも・・。 たらーっ(汗)

結局病院を出たのは5時で、家に帰ったら6時過ぎてて...。
あっという間にもう9時じゃないですか。

角度は少し進行していて、先生に手術しない?って聞かれたけれど、
事情が、って言ったら、そうだったとばかり直ぐに、解ったよと言ってくれた。
夏休みにするならもう決めなくてはいけないってことだ。
チャンスは高2の夏休みか、高校卒業して、行けるかどうかわからないけれど大学受験の直後。

レントゲンを診る限り、かなり激しい彎曲で、
簡単に手当てできるような状況じゃないし、
やっぱり手術を真面目に考えた方がいいかもね...。

長時間病院にいたピヨは、かなりのお疲れだった模様。
この病院は近付くだけで頭が痛くなりだすんだって。ふらふら



なにはどうあれ、今は短い安息期間。
                     猫 何しろ昔の結核療養所
posted by ペロC at 21:15| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

検診1

ピヨの脳の検診に行ったのでした。
MRIをもう何度もとっているけれど、医者の希望だったので。
でも、これで最後にしようねって。

結果は前回検査の血液もレントゲンも今回のMRIも全く異常なし。
しいて言えば頚椎の曲がりが少なめ位。

前回出されたお薬の効き方について伝えると、
それは効いているうちには入らないそうだ。
そして、視界異常については、
何度も様子を尋ねて、
「ごめんね、僕にはわからないな・・・」
と。
何かに原因はないかと一生懸命探ってくれたようだけれど、
脳もそこから伸びる神経も、何もおかしな所は診られない。

ただ、痛みがあるので予防薬を試させて、とお薬をだしてくれた。
一ヶ月飲み続けて、その結果をまた一ヵ月後に知らせに行く。

良い先生だと思うけれど、ピヨの体調不良はやっぱりアチラのせいなのかな・・・。
                    猫・・・・・・・もうやだ〜(悲しい顔)
posted by ペロC at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

つぶやき...マイッタネエ

今日はグッド(上向き矢印)な気分で書こうと思っていたのにね。
ここ数日ピヨの調子は最悪だ。
遅刻に早退をしなくてはいけないほどの頭痛と吐き気で、どうしたものか...。
ますます、霊感+緊張性頭痛+偏頭痛の疑いありだよ。
セージが効かない。
一日に一回しか飲めない薬で2,3時間しか効き目なしってことは、
薬もいまいちってこと?

どうすっかなぁ・・・・学校生活ピ〜ンチexclamationだよね。
霊感と病気の切り離しラインを確認したいのに、うまく行かないねぇ。(>_<)


そんなピヨなのに、私自身は何かあっても、そう悪い方にはならないというか...物事の受け止め方かもしれないけれど、『ついてない』感は有り難いことに今は無い。
砦にしたかった自分の為のカウンセリングも、効果なしと解ったら、強さがUPしたかも。



さぁて、どう考えて何ができる・・・ピヨのあたま
                    猫 オオカミサマ!タスケテ パパヤ
posted by ペロC at 16:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

病院決定

昨日はもよく、日昼はポカポカでした。
最後になればいいと思う病院探しに行って来ました。

ココ2・3日霊の量が半端じゃないからなのか、激しい頭痛がまたやってきています。
セージの葉を貼っても追いつきません。(群発性頭痛?に似ている)
そんな中の病院行きは、かなりキツイものがあるようです。

前から知ってはいたし、割りあい近かったのだけれど、そこは昔結核療養所?だったか...何かとっても暗〜い場所だったという記憶があって、避けていた場所。

建物は少し綺麗にはなっていたけれど、最近の近代的な病院といった感じには程遠い。

いつも予約をしていても診察が終わるまでに何時間もかかってしまうのに、3時間もかからずに会計まで終了できました。

先生の感じは◎、とっても気さくで無理強いをしない先生でした。
手術は今は控えたい旨も話してOKして頂きました。
狭い学会ですから、何所の病院の誰先生と言えば、話は直ぐに通じます。
手術の効果を充分期待できる骨の状態ですから、医師たちが薦めるのは当然だろうねとの話でした。
「何か聞きたいことない?何でも聞いていいよ。」と言われ

今回は鏡のまえで簡単にできる体操を教えてもらいました。
次回はいつかする手術を前提にした話も聞いてみようかな...採血の事、この病院でのこの手術の件数、先生の執刀件数や失敗数なども。

病院の場所は厳しいけれど、一応、この先生に決めよう!ということになりました。

帰り道、「手術はもう怖いとかそんな思いはないんだよね、入院の方が何倍も恐ろしいよ。」
そうだよね、と思う。
                    猫 今年中に病院を決められてよかった黒ハート
posted by ペロC at 08:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

わけわかりません -2-

ピヨの昨日の乱気流に突っ込んだような、熱の上下はいったいなんだったのでしょう??
と思ったら今朝4時半に急に咳が出たと思ったら、吐いてしまったそうで...えっ?私の風邪?そうでもないようなんです。
「吐いても全然平気、すっきり元気!」ですと。

今日はお留守番。
またも熱が上がる気配だったのに、昼になったらスッキリ。

一体どうなっちゃってるんでしょう。がく〜(落胆した顔)ヤレヤレ

明日は障害のある方達のX'masパーティーに参加だそうで、お帰りは夜の9時過ぎとか。
風邪を持ってかえって来ないでよ〜。

(^_^;)あ、書いてるうちに日付が変わった...。
                    猫 あ゛〜ア〜ァ〜〜
posted by ペロC at 00:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

わけわかりません

毎年毎年飽きもせず?凝りもせず?しおこりもなくやってきます主婦湿疹。
まだ、序の口ですが、いい加減にしてください。
いったい私に何が足りないというのですか。
痛くて何するにも不自由じゃないですか。
ええ、おまけにこんな時期になるから、
相方さん「X'masプレゼントは最近出たアカギレの軟膏だね」なんちゃって、そんなもん効きませんって!!
お手伝い券100枚位の方が役に立ちますって。


ピヨはピヨで、また熱が激しく上下しております。
今度は何だよ〜、神経内科?診療内科??自律神経やられてるのかな。
体温のコントロールが上手く行っていないってことだものねぇ。。。
まさか、また、化け??
いや、もう、さっぱりわかりません。もうやだ〜(悲しい顔)
                    猫 あ〜神様〜〜
posted by ペロC at 00:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

PTSD治療2回目

中間テストが終わりました。ヨカッタ〜〜〜。
普通の家庭は「親は関係ないでしょ?!」ってことになりますが、家は振り回されています。
勉強を教えなければならないから...だって、中学で教えてくれなかったんだもの。(中・高一貫の変則カリキュラムだったから。)
塾に突っ込みたい、けど、何しろ体力も時間もお金も無い♪ってことで結局私がみるんです。ふらふら

そんな2日目の夜だったかなぁ、熊野からぴかぴか(新しい)龍神様がみえて、そばにいらっしゃる!と大喜び。(テストは赤点間違いなし!!だろうに)
ありがたいことです。本人が喜びを感じる出来事がある、ということだけでも嬉しいです。 ハートたち(複数ハート)



お天気台風雨悪くて、出る気も失せますが今日は治療2回目。
私はまた外に出ているようですから、時間つぶしを持っていかなくてはいけません。
さて、今日はどうなることやら。

続きを読む
posted by ペロC at 08:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

頭痛

そう言えば・・・夏休みに入ってから、激頭痛の回数が減っている。
学校に行かないってこと以外、他の環境は変わっていないものねぇ。
睡眠時間もそう変わらない、霊的ストレスもそう変わらない...ってことは、登校する事によるストレスもあるんだろうなぁ。

まあ、とのかく頭痛なんて無いにこしたことは無いのだからいいのだけれど、
折角の夏休み、他にも行ってみる病院があったかも。

もう直ぐ夏休みも終わりたらーっ(汗)、あ゛〜私も気が重い・・・。
                    猫 今日も暑いらしい
posted by ペロC at 07:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

体調下り坂

オイオイ麻疹で学校閉鎖にならない限り、中間テストはやってくるぞぃ!って今日からですけど。
そんな緊張もあるのかないのか・・(何しろ生まれて初めての中間テストですたらーっ(汗)


ここしばらく激しい頭痛はなく、たいていの頭痛は自分でヒーリングできていたピヨですが、一昨日の夜、久しぶりに大変な頭痛が起こってしまいました。
自分でこらえる事が出来ず、気を失いそうな位の頭痛。
「赤ちゃん帰りしないと耐えられない痛みだぁ・・・」と倒れこむ状態です。
本人の名誉の為にあえてどんな状況とは書けません。想像してやって下さいまし。

どうしたものか・・。

今までは痛み止めは何も効かなかったので、とにかく水分を沢山とってひたすら痛みが去ってくれるのを待つしかありませんでした。

やはり頭痛外来に予約をとっておこうか...。(今申し込んでも診察は数ヶ月先だろうし)
原因はわからなくても(たとえ霊によるものでも)、痛みを感じるのは生きている脳なのでから、痛みがとれるお薬があるかもしれないし。


昨日も一日、今朝も痛い。
気休めでもと市販の頭痛薬を飲ませて送り出しました。

学校生活はまあまあなのにねぇ...やっぱ、アッチのせいなの?
こう体調が悪いとなれば、やっぱり私も学校閉鎖期待しちゃったりして(^_^;)
                    猫 一週間のりきれるかねぇ
(ちょっと、下のお天気マークでたらめじゃん。今は晴れよ、なして・・?)
posted by ペロC at 10:52| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

健康診断

「母さ〜ん!超最悪!!身長が〜〜〜!!!」って、
顔を見るなり叫んでやってきた。
9o縮んだそうで...たらーっ(汗)
確かにピヨにとっての9oは普通の人の5cm 位の価値はあるかも。

体調も崩し、新生活で時間に余裕も無くなって、イイかも?!と信じてやってみた側彎体操も中途半端になっている。
かなりハードな体操だけど、また続けられるようにしたいなぁ。

原因不明だから何がいけないのかわからないし、どうすればいいなんてこともない。
どうなるかも解らないなんて本人は不安だよね。
手術しても万全じゃないし..この障害よりマシとか生きれるだけ良しとしようとか。


歯の矯正のことも気になっている..これって早くに公共機関に相談していれば何か補助があったのかなぁ・・・・。
まだ問い合わせてみる価値あるかも?
補助の話をすれば側彎の手術も18歳までだったかな。



ちょっと位のパート収入じゃ、おっつかないよぉ。
                    猫 ガンバレとーちゃん!
posted by ペロC at 08:46| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

側彎検診..久々

前回は一年前。
近所にできた病院の有名なエ○○先生は、顔を見れば「手術!手術!!」
と、まるでメスを持ってやってきそうな勢いなので、次の検診は絶対に違う病院だ!と決めていたのでした。
手術コールはピヨには結構な負担になります。
「しないって言ってるだろパンチ経過と内臓負担だけ知らせてくれれば良しっ!!」って私が医者にくってかかるようだもの。

昨年予約をとることが出来なかった遠くの病院が3ヶ月前に予約をいれることができるようになり、行って来ました。
こんなにちょくちょく病院変えていいの?
って思うかもしれませんが、この先生!と決めるまでは病院巡ります。わーい(嬉しい顔)
でも、もう終りかな...どこに行ったからって治るわけじゃなし。

しかし、遠かったぁ。
先生はまあ、イイ感じ。話はできる。

「お母さん、いろんな先生の話を聞いているから何でも解っていると思うけど、大昔からいろんな治療方法を試してきて、
結果、装具と手術のみが有効となったわけですよ。
胸椎コブ角56度。
確かに今ならまだ骨も柔らかいね、でも、今じゃなくても大丈夫。
手術は本人の希望で良し、合併症の危険もあるしね。
北欧でかなり経過を追ってデータ化したところ、手術をしなかった場合、若干寿命が短かったって報告があったように記憶しているけれど、それだって手術をしたら絶対伸びるとかという事じゃないと思うし。
まあ、手術をしたら、僕ならチタンは抜かないかな。
どこで検診でもいいけれど、半年に一度は検診してね。」

一年じゃダメらしい?・・・骨端線も完全に閉じている訳じゃないからとのこと。

そっか...じゃあどうするかな。

それよりビックリしたこと。
一年前より角度がかなり戻ってる。誤差の範囲じゃない。
明らかに前回の検診データは数値の水増しか?と思うほど。
患者にショック与えて、というより自分がどうしても手術したいが為の行為か?!
(しょうもな..バッド(下向き矢印)
折角、近所に専門医が来たと思ったけれど、だめだね。ふらふら

今回の病院の近くに西新井大師があり、帰り道、道に迷った事でそこにたどり着きました。
ピヨはそこの神様と少しお話をしていましたが、いい出会いがあったでしょうか。
                    猫 しかし、遠いねぇ・・
posted by ペロC at 19:19| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

やっぱり未解決

ちまたはバレンタインで何となくウキウキした空気。
お天気も思ったほど荒れることなく助かりました。

ピヨの頭痛はかなりひどいです。
言葉にもならずに頭を抱えて唸っている様子は、親としたら本当につらいものです。
なんとか痛みの原因がわかれば、と思い元旦に予約した低髄液圧症候群の専門医に、診てもらう事が出来ました。

都心のおしゃれな街の病院は待合室もゆったりとした椅子、予約制という事も有るのか、待合室に患者があふれるといった病院特有の混雑した感じもなく、私は結構楽でした。

問診の後MRIをとりましたが、ピヨの感想は「ここのMRIは楽だよ、時間も短いけれど曲が流れていて、あの不快なガンガンする音を和らげてくれるの。」
どこの病院もこうだったらいいのにと言っていました。

さて、写真から判断するに脳脊髄液減少症の可能性は少ないという判断でした。
頭のてっぺんに頭蓋骨と脳の間に空間が出来たり、首の後ろ辺りに異変が見られた場合、その病気の疑いが強くなり、精密検査となるそうです。
しかし、ピヨはどちらも該当しなかったのです。

では、何故こんなに激しい痛みがでるのか、ということで、
もしかしたら脳圧が高くても痛みがでるそうで、下げる為に薬を点滴してみましょうということになりました。

処置室のベットで点滴をしていると、足元の方に足がベットの中に消え身体から上だけが見えている死神が、じっとピヨを見ていたそうです。
「何じろじろ見てるのさ」と話しかけてみたそうですが、何もお返事はなかったそうです。

点滴をしてみても完全に痛みはなくなりませんでしたが、かなり痛みの質は変わったようです。
その旨を先生に話しましたが、どうも脳圧のせいでもなさそうで、(たぶん即効力のある薬を入れたにも関わらず、軽い痛みが残っているから)結局何も解りませんでした。
先生も原因の解らない頭痛は結構あるんですとのこと。
正直解りませんと言われ、あとは頭痛専門外来くらいしかないでしょうか、という話でした。

激しい頭痛が続くと、脳細胞が壊れていく事も事実なようで、霊的なせいで痛む場合はどうなのだろうと、そちらもとても心配です。

ピヨはがっかりでした。
病気といわれてもこの病気は本当に大変です。保健適用外で一回の手術では完治する確率は低いです。
何度も手術して7割といった具合のようです。
しかし検査も手術も実費ですから、患者さんは経済的にもきついものがありますね。


病気でなかったことは嬉しい、
でも、
また振り出しに戻ったね。
               猫 どうやって頭痛をとってあげよう・・
posted by ペロC at 12:25| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

脳脊髄液減少症?

元旦に診察予約のFAXなんて嫌だなぁとも思ったけれど、取れました。手(チョキ)
受験2校が終わった直後だけれど、先延ばしにするのも何だかね。
ビール赤坂?喫茶店麻布?バー六本木?なんだかその辺たり病院だったなぁ。
遊びに行くならまだしも...ねぇ。

「どちらの先生にしますか?」
なんて言われても、どちらも知らないも〜ん。
がく〜(落胆した顔)でも、失敗した?!
評判の良い方の先生にしてください、とか
患者第一に考えてくれる先生にしてください、とか。(何かパッとしないね。)

問診のあと必要なら検査だ。
またMRIだね、たぶん...私は一度もした事無いのに、ピヨは4・5回目?

ついでに背骨のレントゲンも撮ってもらえないかなぁ・・・無理だよね。
脳神経外科と整形外科では違うものなぁ。
他の病院、どこ行こう...。
カエルの所じゃ、また手術!手術!!と言われるだろうし....あ〜、アタマいた。

決まった学校にも、病気のこと話さなくてはいけないしなぁ...あ〜、これも憂鬱だぁ。

どうなっていくのかなぁ...今度の学校(もし合格すれば)週6日制。
病院には行く度にお休みするようだし。
考えていくと、どんどん落ち込んでいくなぁ、ヤメヤメパンチ
                    猫 したいようにする!
posted by ペロC at 15:33| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

楽しく側彎体操

先日、盗難かも?!と思っていたCDは発送者のミスで数日前に無事到着したのであります。わーい(嬉しい顔)ヨカッター

マドレデウスの1stと2ndです。
早速聞きながらPCをイジイジしている横で、ピヨさん側彎体操をしておりました。
先日行きたかった病院に行けず、取り合えず様子見という感じで行った整体治療院で教わった体操です。

これがかなりハードで、黙々とやるにはきつい。
だから、音楽にあわせてやればいいじゃないの?と提案いたしました。

るんるんねぇねぇ、この曲よくない?!動きにぴったりマッチしているよぉー。」
と申しましたのに、
「母の趣味って理解できない!
 ヘビメタだったりバロックだったり民俗音楽だったり...。」

などと文句をたれていましたのに、
「試しにやってみそ!」とやらせてみましたところ、

「なんか、ひらめきいいかも・・・。」

と体操用CDになってしまいました。

ホントにハードな体操で、お腹に太もも、ビンビンつります。
これ頑張ればちょっと体重落ちるんじゃない?!一緒に続けてみようかな・・・。

でもさ〜、毎日毎日同じ曲を聞かされて、そのうち飽きるかもねぇ〜。
                    猫 ペロC根性なしですから
posted by ペロC at 18:31| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

検診x回目

昨日はピヨの何回目かの側彎検診でした。
病院へ向かう道中、自転車で走りながら、

ピヨ 「カエル(担当医の顔が蛙顔)、また、いじめるかなぁ?」

ペロC「うん、きっといじめてくるよ。そう思っておかないと、傷つくぞ。」

ピヨ 「そだね...。」

”いじめる”ってのはしばらく手術は考えないと患者がはっきり言っているのに、しつこく手術を薦めること。
(前々回その”いじめ”でピヨは大泣きすることになったんです。)

案の定、今回もバンバン手術を薦めまくり、放っておいたらいずれ”変形性脊髄症”になると言って脅してきます。
バシッと言ってやりました。
「前回コレコレって話になっていましたよね」と。パンチ

今まではJ大付属病院からコチラにかわって、「そう、悪くないかなぁ〜この先生」って印象でしたが、今回はちょっとぉ!!ちっ(怒った顔)って感じです。

前回自分が指示してやった検査のことも忘れ、とにかく手術をしたいってことしか前面に出してこない。自分が口にしたことも忘れ「そんなこと言ったっけ?そうか・・」って、ホント頭の中は患者の気持や事情は全く無視。

緊急性を伴うならまだしも、今直ぐじゃなくちゃ命取られる訳じゃぁないんですからぁ、頼みますよ〜。

取り合えず角度は60度→65度。しかし、コレは誤差範囲なのでそれ程気にはしていない。
約束の側彎体操を習って帰ってくる。(これも前回身体の柔軟さを出来るだけ維持しようと話していたのに・・・昨日はやっても無駄な、みたいなことを言う。)

会計の場所の近くに『意見箱』があったので、「患者は病気を抱えてるだけでも辛いのに、医者の配慮のない言葉で2重に苦しむんだむかっ(怒り)・・・」というようなことを書いて入れてきた。

そのあと、事故後通い続けている接骨院へ行き、塾へ行ったピヨでした。
体調が心配でしたが、帰ってきて熱を測ってみると、昨日の熱は下がっていました。
少しは体力付いてきたのかなぁ。

さあ、また半年後検診がありますが、カエルの病院変えようかなぁ〜、色々大変なピヨの精神状態では、ちょっときついんだよ。
病院もう少し探してみようかとも思うペロCです。
                    猫 真実はどれ?..難しいわ
posted by ペロC at 07:18| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

診立て違い

救急車で運ばれた病院の診立てが間違っていました。ちっ(怒った顔)

あの日病院で手首の痛みや骨の違和感を訴えたのに、レントゲンも診たのに、医者は手首は大丈夫、動かしても良いと言ったのです。

おまけにここでは治療の継続はできないでしょうからと三角巾でつっただけで、何もしてくれなかったんです。
痛み止めだけでも出して欲しいと言って、やっと出してもらいました。

ところが、家へ帰って来て行った病院で、肩は少しずれているので痛みが出ていて、手首が折れているとのこと。
何故レントゲンを診て気が付かないのか、と驚かれていました。

「元通りに真っ直ぐに治してあげます。自分は専門ですから任せて!」
と力強い言葉を頂き、やっと少し安心することができました。
だって、進路の一つと考えていたバイオリンでの音楽への道を捨てなければいけなくなるだろうかという不安でいっぱいでしたから。

毎日通院する生活が始まります。
                      猫 早くよくなるよう頑張りましょう!!
posted by ペロC at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

脳は異常なし

朝、相方さんの出勤に合わせ車に乗せてもらい、いざ、病院へ!!
ドコモポイントの頭痛と吐き気が2ヶ月ほど前から続き、やっぱり不安なので診てもらう事にした。
結構人気?のある脳神経外科なのだが、受診は一日がかりの大仕事と腹をくくって行かねばならない所です。
場所がちょっと不便な所ということもありますが、患者に一日で結果を出して帰ってもらうという原則のもとに診療している病院なので、いいよ〜な悪いよ〜な。
改めて検査日を決めて何日もかけるよりは、その日一日で済むわけだから仕方ないですな。

八時半に受付をして、それからしばらくして問診のあと脳波を取りそのあとMRI。
ここまでは、まあ順調でお昼前には終わり、後は結果を待つのみです。
そこからが長かった。ふらふら
延々待つこと2時間半。結果は全く異常なし!
脳波も脳そのものも頭蓋骨も血管も・・・でも、頭は割れるように痛くなる。
う〜ん、いったい何なんだぁ〜〜。
考えられる原因は、運動不足による血行の問題や姿勢による筋肉の緊張等など、改善方法を教えて頂きました。
あとは、ストレスによる頭痛かもということで、メンタル面の系列病院を紹介してもらい終了。
支払いも結構待たされ、随分遅い昼食をとって家に帰った頃は、外は夜でした。
病院でひたすら待っていただけなのに、何だか凄〜く疲れた一日でした。
                  猫 ペロCも経験したい MRI、CT、脳波の検査
posted by ペロC at 21:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

何年振り?の検診

さあ、今日は検診です。何とか準備すべきものも揃っていざいざ。
何年振りか忘れてしまいました。
ドコモポイントのことでは頻繁に病院に行くのに自分のことはほったらかし。まあ、多分異常なしだと思っているからでしょうか。
久し振りにバリウムを飲みました。重たいですねぇ飲んだ感じが。
視力も思ったより悪くなく、今までとそう変わりませんでしたねぇ...(ほんと?)
血圧が低いらしく「いつもこの位ですか?もう一度測りなおしましょうか?」
と言われましたが、別に生活に不自由はないのでそのままにしました。
これからのポイントは乳がん検診だそうで、毎年受けて下さいと言われました。
「ハァ〜、なるべく努力します。」って感じでしょうか。

ドックではないので、一般的なことだけだけれど、検診を受けないよりはマシかな。
後は歯科検診、こちらは自信ありません。きっと虫歯だらけでしょう!!ふらふら
あ〜ほんとは脳ドックなんか受けた方がいいんでしょうけどね。
だって、物忘れがすごいんですんもの。
                    猫 さすがに寒くなってきました
posted by ペロC at 20:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

ノック・ダウン Part2

今日はJ大付属病院の方です。一日おきの病院って嫌ですわぁ〜。
カエルの呪文がまだ頭の中をグルグルしているドコモポイントですが、ココロは決めて行ったのです。
やっぱり検診だけだったら近所でいいか・・・って。
さて、久々のこちらの病院もごった返していました。
どうも、最近あちこちの学校で側彎検診があったのか、新しい患者さんが多かったようで診察の進みが悪いのです。

一昨日同様、看護士さんに行って出掛け時間を見て帰ってきたら、ウッソーがく〜(落胆した顔)って位誰もいなくて焦りましたよ。あせあせ(飛び散る汗)

さて、こちらは呼吸器の検査結果を聞きましたが、異常はありませんでした。手(チョキ)
検診の病院を変えたいという件もすんなりでした。
がぁ、
その後の話が・・・
続きを読む
posted by ペロC at 22:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。